久保田 大和

久保田 大和
プログラマー・SE2012年度入社

新しいことへの挑戦

私は日報システム「nanoty」の開発を担当しています。プロジェクトメンバーと協力しながら、お客様に満足していただける品質の高いサービスを提供できるよう日々取り組んでいます!

このプロジェクトは、スクラム開発を取り入れ、2週間おきに新たな機能をリリースするという、スピードが求められる現場です。さまざまな課題をチーム全体で共有し、それぞれが役割を持って進めています。私はこれまで、新しいプログラム言語を習得し、ベトナムの技術者と協同でコーディングを行うなど、本当に様々なことに挑戦してきました。毎回うまくいくとは限りませんが、新しいことにチャレンジしていくことで道が開け、またその試行錯誤が自分の成長に繋がると思っています。

主体的に行動する

意欲があり、主体的に行動できる人に入社してほしいです。「nanoty」のプロジェクトでは、お客様が求めている機能を自分たちで考え、実装していきます。待っていたり言われたことだけを行ったりしていては、満足のいくサービスにはなりません。自ら考え行動し、周りの人と協力しながら物事に取り組むこと。主体的に行動するということは、責任を持つことになります。しかしその分、より多くの気づきや発見があり、自分自身の経験や成長に繋がります。

色々なことにチャレンジし、ぜひ主体的に行動することを心がけてください。みなさんと一緒に働けるのを楽しみにしています!