鈴木 泰介 課長代理

鈴木 泰介 課長代理
プログラマー・SE2006年度入社

開発者としてお客様の立場になるということ

私はWeb系のシステム開発業務に携わっています。もともとプログラムを組むことが好きだったのでこの仕事を選んだわけですが、お客様の希望することを実現するための開発業務は、趣味で気ままにプログラミングを楽しむ世界とはまったく違います。最初はプログラミングが好きなあまり、つい自分の考えを基準に考えてしまいがちでしたが、仕事をするようになって制作者本意のシステムにならないようにすることの大切さを学びました。

また、その一方でお客様がITに詳しくなかったり、あるべき業務の状態をイメージしきれていなかったりする場合は、お客様のご希望だけを叶えることでかえって使いづらいシステムができあがってしまうことがあります。それではお客様にとっても自分にとってもいいことはありません。お客さんの立場になるということは、開発者としての専門スキルをお客様のために活かし、より使いやすいシステムになるように知恵を出すことと考え、開発をするよう心がけています。

新しい技術に一緒にチャレンジしよう

私は会社内で何か新しい取り組みをするときには、よく声を掛けてもらいます。そのため、他の開発者よりも早く、新しい技術に触れ、試作をすることが多く、大変ありがたいと思っています。

新しいことに取り組む仲間はひとりでも多い方が楽しいし、短時間でスキルアップもできます。そこで、これから入社をする新入社員の皆さんは、新しいことに対してアンテナを張りつつ、勉強熱心な人だったらいいですね。新しいことに一緒にチャレンジすることができる人とは、苦しい時間も楽しい時間も共有して、お互いにいい刺激を受けることができるように思います。

テクノロジーを操れる人こそが新しい時代を創れます。ぜひ、サンロフトで一緒に新しい技術にチャレンジしていきましょう。