事例

株式会社橋本組様

  • 株式会社橋本組様
  • 株式会社橋本組様
  • 株式会社橋本組様
株式会社橋本組様
従業員数:120名
http://www.hashimotogumi.co.jp/
大正11年の創業以来、静岡・焼津・藤枝・島田・榛南を中心とした静岡県中部地方を活動の拠点としてきました。地域の自然環境や風土、今後の発展状況等に最も精通している企業のひとつとして、お客様に的確なアドバイスをご提供します。さらに、定期巡回による建物サポートや、電話一本で駆けつけることのできる地元ならではのフットワークの軽さが自慢です。
課題
社内コミュニケーションを改善したい。
解決方法
社内SNS風日報管理システム「nanoty
BP」の導入。
成果
より業務に役立てられるSNSが導入できた。

社内コミュニケーションをより良くするために

「社内コミュニケーション改善のために、様々なグループウェアを検討してきたが、なかなか自社にマッチするものが見つからなかった」と話す橋本組専務の橋本様。

かねてからSNS に関心を持っていた橋本様は、「SNS を社内のコミュニケーションツールとして利用できないか」と考えていましたが、機能やセキュリティの面から、一般向けのSNS をそのまま社内で利用するのは難しいと感じていたそうです。

そんな時に出会ったのが社内SNS「nanotyBP」。コミュニケーション活性化という目的はそのままに、より業務に役立てることができる社内SNSを目指し、運用をスタートしました。

「まずは毎日見る習慣を」。少しずつ社員の理解を深める

橋本組様では、初めから社員が日報やコメントを書くのではなく、まずはnanotyBPにアクセスする習慣をつけることにしました。会社からのお知らせを掲載したり、社内情報を集約したりして、社員にnanotyBP を毎日見るよう呼びかけ、少しずつSNS への理解を深めていきました。

あわせて読みたい事例

関連キーワード