しょうゆ

原料
厳しい品質管理のもとに発酵・熟成された搾りたての生揚しょうゆを主原料にしております。


計量
生揚しょうゆ等の液体原料は、流量計にて自動計量されます。


火入れ
120℃5秒のプレート式熱交換機にてしょうゆの殺菌及び味・色・香りの調整を行います。除菌されたしょうゆの製造も可能です。


検査
色及び食塩分等の分析を行います。


ロ過
セライトを使って透明感のある清澄なしょうゆに仕上げます。


貯蔵
塩かどを取り、まろやかな味にするために冷蔵室に貯蔵します。


検査
旨味成分の目安である全窒素分やアルコール分等を、又細菌検査を行います。


充填包装
フィルターを通しながら1Lペットから業務用20Lポリや1,000Lコンテナまでを充填しております。



自動制御による”火入れ”管理

最新鋭のろ過装置によるしょうゆの仕上げ

グリーンブース内でポリ容器へしょうゆの充填