開発職 内藤健太 先輩スタッフ
内藤 健太
入社:2016年度
職種:SE・プログラマー
役職:主任

開発は「変わっていくこと」が前提

「エンジニアになりたい」と思ったのは、中学生の頃、初めてパソコンに触れたのがきっかけでした。友だちとチャットをしていたのですが、「家にいながら、友だちとつながれるなんて凄い」とすぐに引き込まれました。ITが「好き」「楽しい」というものから、「仕事にしたい」と思えるものに変わっていったのもこの頃です。

サンロフトに入社した今は、自社開発の園児管理システム「パステルApps」の開発をしています。名簿管理や保護者への連絡、保育料計算などの園の業務をサポートするクラウドサービスで、開発から販売、サポートを一環して自社で手がけています。

しかし、自分のアイデアを活かしやすい自社開発のサービスには、前々から魅力を感じていたものの、いざやってみると本当に大変でした……。開発の仕事は、「変わっていくこと」が前提。その仕事をやったら終わりではなく、今後も機能を改善していく必要があります。時には、ある箇所を改修したら別の箇所に思わぬ影響が出ることもあります。常に先を見据えて柔軟に対応できそうな選択肢を選ぶようにしています。

システムと働き方の「最適化」が成長につながる

内藤さん-写真1

開発において大切にしていることは「メンテナンス性の高さ」ですが、「わかりやすさ・使いやすさ」も重要です。特に、パステルAppsの場合、使うのはITリテラシーがそれほど高くない園の先生や保護者です。ボタン1つの配置においても、わかりやすい導線になっているかを話し合いながら意思決定しています。

使いやすさというのは、例えば「空メール」の廃止というようなもの。数年前までは利用者登録の際に空メールを送信することが主流でした。しかし今は、1つのスマホに複数のメールアドレスを設定できます。そのため、誤ったメールアドレスで送信してしまう人が一定数いました。ユーザー自身がメールアドレスを入力する形式が一般的になったのは、そのためです。

技術もそこに至るまでのプロセスも、ますます進化しています。仕事においても、「情報収集」や「最適化」は欠かせません。中でも、最適化は最も重要。新しいものをとにかく取り入れるのではなく、「一番適しているものは何か」という考え方です。運用ルールも含め、チームが動きやすい方法に最適化していく意識を常に持つようにしています。

エンジニアには、インフラ(サーバーの構築・設定)、バックエンド(サーバー側で動くプログラム)、フロントエンド(ブラウザの中で動くプログラム)など、何でもこなせるフルスタックな人もいます。そういうエンジニアに憧れますが、一方で仕事には「やらなくてはいけないこと」が付き物。そうしたマストも主体的に最適化していけることが、モチベーションやエンジニアとしての知見を広げる時間につながるように思います。

Webサービスの柔軟性を活かせる人

働く上で大事にしてほしいなと思うのは、素直さです。自分と意見が食い違ってもまず話を聞くことができて、その上で自分の考えをもう一度整理できるような、頭の柔らかい人と一緒に働きたいと思っています。

エンジニアとしては、新しいもの好きであること。まず「好き」という気持ちを大事にしてほしいです。僕自身、簡単な便利ツールをつくることが好きで、最近では、サンロフトが活用している「Twist」というコミュニケーションツールでGoogleカレンダーの予定を教えてくれるBotをつくりました。そうすることで単なるコミュニケーションツールだったものが、業務効率化ツールになる。こういったことも柔軟でできてしまうところがWebサービスの面白いところです。

エンジニアの仕事は、これまでの当たり前に変化を与える仕事です。極端な例ですが、Excelの関数で様々な計算ができるところを電卓で計算するというような人は、世の中にまだたくさんいます。困っている人たちの疑問に対し、適切な解決法を提示できるような仕事をしたいですね。