芦川 桃香

芦川 桃香
広報・マーケティング職2017年度入社

就職活動時、あなたは、サンロフトを何で知りましたか?
また、その頃、サンロフトをどんな会社だとイメージしていましたか?

インターンシップ先を探していた時、Googleで「マーケティング×IT×静岡県」で検索し、ヒットした中でも高評価されていたのがサンロフトでした。Webサイトを見ると、「IT経営フォーラム in 焼津」という無料のビジネスセミナーを運営していたり、IT企業でありながら全国の幼稚園・保育園・こども園向けに新聞を発行していたりと、特別なアドバンテージを感じサンロフトに興味を持ちました。

数ある企業の中から、サンロフトを選んだ理由は何ですか?

実際にインターンシップで会社を訪れた際に、会社のカラーに多くの感動がありました。例えば、社長を含め社員全員が集うワンフロア、カジュアルな雰囲気、若手・女性の多さなどです。特に他の会社とは明らかに違うと感じたのは社長です。会社の年長者でありながら、未来を熱く語る姿の若々しさや、率直な言葉に夢を感じワクワクした気持ちになりました。会社の暖かな雰囲気や社長のお話に魅かれ、私もサンロフトの一員になりたいと強く思いました。

あなたは今、どんな仕事をやっていますか?

広報・マーケティング室で、先輩にご指導いただきながら、お客様向けに毎月発行しているニュースレターや、Webサイト、Facebookページ、メルマガ、特徴的なところでは園向けIT専門紙「パステルIT新聞」など、記事の執筆を通して自社メディアの運営に携わっています。また、社外向けのプロモーションだけでなく、社内イベントの運営や掲示板の更新など、社内に向けた広報活動にも力をいれています。

仕事をする上で、心がけていることは何ですか?

自社メディアに掲載する文章を書くことが多いので、「サンロフトらしい」言葉を発信していけるよう気を付けています。また、ありがとうの気持ちを伝えることも大切にしています。初めての仕事は時間がかかってしまったり、先輩に助けていただいたりすることがほとんどですので、感謝の気持ちを忘れないように心がけています。

あなたの長所は何ですか?
それをサンロフトでどんなふうに活かしたいですか?

早めの行動を心掛けるようにしているところです。よく落ち着いていると言われますが、焦ると考えがまとまらずミスをしやすくなるので、焦る状況に陥らないようスケジュール管理には気をつけています。できるだけ先のスケジュールを見て仕事をしていくことで、新たな時間を生み出せることも多いので、他の仕事のお手伝いをしながら社員の皆さんのサポートをしていきたいです。

サンロフトの良いところ(好きなところ)はどんなところですか?

ポジティブな考え方ができる人が多いところです。私が失敗して落ち込んだ時も、先輩が前向きに考えられるようにアドバイスしてくれるので、次は気を付けて頑張ろうという気持ちになります。

今後の目標や将来の夢は何ですか?

誰かの役に立って、ありがとうと言われる仕事をすることです。私はまだまだできないことも多く、先輩に頼る場面も多いです。恩返し、という意味も込めて、いつか私が先輩を手助けしたり、まだ見ない後輩のために何かを教えてあげられるようになったり、自分の得意なことをつくっていきたいと日々思っています。

サンロフトをどんな会社にしていきたいですか?

時流に乗った視点を持ち、私たちが得たテクノロジーやノウハウをお客様に親しみやすくお伝えし続ける会社です。

後輩達に望むことは何ですか?
彼らとどんなふうに仕事をしていきたいですか?

吸収体質であることです。教えていただいたことを素直に受け取って、自分のものにできれば、自分にできることが増えていきます。一生懸命取り組む人と一緒に仕事をして私も成長していきたいです。

就職活動をする学生さんへ一言メッセージをお願いします。

仕事をしている時間は自分の人生の大半を占めます。仕事を楽しいと思える人、何かに打ち込める人というのは、どこでも重宝されるはすです。ぜひ、広い世界に目を向けて自分が楽しいと思える場所を見つけてください。