sunloftweblog

SNS広告のターゲティングと効果をわかりやすく解説します

SNS広告は、他のインターネット広告に比べ「精度の高いターゲティング」が可能です。なぜ、ターゲティング精度がよいのかというと、各々のSNSのプラットフォームには、年齢や居住地といったユーザーの詳細なデータが蓄えられているためです。

こういったユーザーのデモグラフィック情報と、「いいね」や「シェア」といったSNS上でのユーザーの行動データを掛け合わせることで、詳細なターゲティングができる仕組みになっています。

今回は、「SNS広告のターゲティングについて知りたい」「SNS広告で効果を出したい」といったWeb担当者の方に向けて、SNS広告のターゲティング方法と、SNS広告のターゲティングの特徴について解説いたします。それぞれのSNS広告のターゲティングを知っておくことで、SNS広告の運用に活かせるようになります。

本記事では、SNS広告のターゲティングの基礎知識に加え、SNS広告の効果や、SNS広告の効果測定についても触れていきますので、自社のSNS広告の運用に役立てていただけます。

では、さっそく解説していきます!

1. SNS広告のターゲティング方法

SNS広告のターゲティング方法は、各SNSによって異なります。本章では、ビジネス領域で活用されているSNS 5つ、Twitter・Facebook・Instagram・LINE・TikTokの広告の「ターゲティング方法」と「ターゲティングの特徴」についてそれぞれ解説していきます。

Twitter広告

Twitter広告のターゲティングは、大きく3つに分類され、全部で15通りの詳細ターゲティングが可能です。

 オーディエンスの特性
・地域ターゲティング
・年齢ターゲティング
・性別ターゲティング
・言語ターゲティング
・端末、携帯電話会社といった利用者ごとのターゲティング
オーディエンスの条件
・会話ターゲティング
・イベントターゲティング
・ツイートエンゲージャーターゲティング
・キーワードターゲティング
・映画とテレビ番組のターゲティング
・興味関心ターゲティング
・フォロワーが似ているアカウントのターゲティング
オーディエンス
・カスタムオーディエンス(リスト)
・カスタムオーディエンス(ウェブサイトアクティビティ)
・カスタムオーディエンス(アプリアクティビティ)

上記3つに分類されたターゲティング方法の概要を、それぞれ解説していきます。

【オーディエンスの特性】によるターゲティング
オーディエンスの特性では、ユーザーのデモグラフィック情報や位置情報をもとに、地域・年齢・性別・言語・端末・携帯電話会社を設定できます。

「地域ターゲティング」では、国内は都道府県単位で設定が可能です。

【オーディエンスの条件】によるターゲティング
オーディエンスの条件では、会話・イベント・興味関心・映画・テレビ番組・キーワード・フォロワーが似ているアカウント・エンゲージメントを設定できます。

特筆すべきは、「キーワードターゲティング」です。

他のSNSにはない「つぶやき」というTwitterならではの特徴を活かせるターゲティング手法です。Twitterは「今」をつぶやくSNSのため、「嬉しい」「忙しい」「転職したい」「痩せたい」といったリアルな感情や思考に関するキーワードが多く出現します。こういった「感情・思考」に関するキーワードを狙ってターゲティングできるのが、Twitter広告のターゲティングの特徴といえるでしょう。

「ツイートエンゲージャーターゲティング」とは、ツイートにエンゲージメントした利用者を対象としたターゲティングのことです。たとえば、以前の広告キャンペーンで広告を表示したことがあるユーザーや、エンゲージメントしたことがあるユーザーに対してのターゲティングを指します。

「興味関心ターゲティング」では、25カテゴリの350種類以上の中から、ユーザーが興味関心を持ちそうな内容をターゲティングできます。

【オーディエンス】によるターゲティング
オーディエンスは、すでに接点のある顧客や、つながりのあるTwitterアカウントを対象にアプローチできる3つのターゲティング方法です。

・カスタムオーディエンス(リスト)
 既存顧客のメールアドレスやTwitterのユーザー名を使用

・カスタムオーディエンス(ウェブサイトアクティビティ)
 広告主のWebサイトにアクセスしたユーザーを、TwitterのWebサイトタグによってターゲティング

・カスタムオーディエンス(アプリアクティビティ)
 広告主のアプリにアクションを行ったユーザーに対してターゲティング

【Twitter広告のターゲティングの特徴】
リアルな本音(感情・思考)をついつい発信してしまうTwitterの特性を活かし、「キーワードターゲティング」を活用できる

Facebook広告

Facebook広告のシステムは、Facebook社の傘下である下記3つのSNSにも利用されています。

 Instagram(インスタグラム) 
 Messenger(メッセンジャー) 
 Audience Network(オーディエンス・ネットワーク)

Facebookに広告を出稿している方は、InstagramやMessengerにも簡単に広告を出すことができる仕組みになっています。

Facebook広告のターゲティングは、大きく3つに分類されます。

コアオーディエンス(基本ターゲティング)
 年齢、興味・関心、地域などの条件を設定
カスタムオーディエンス
 すでにビジネスで接点があるユーザーに向けた設定
類似オーディエンス
 優良顧客に属性が似ているがまだ接点がないユーザーに向けた設定

それぞれの概要を解説していきます。

◎ コアオーディエンス(基本ターゲティング)
コアオーディエンスは、Facebook広告のターゲティングの「基本設定」ととらえていただくと分かりやすいかと思います。

コアオーディエンスで広告の配信先に関するルールを細かく設定でき、設定可能な条件は下記の通りです。

・利用者層データ(年齢・性別・学歴・役職など)
・位置情報(都市・国・コミュニティなど)
・行動(購入履歴のような消費者行動に基づく)
・興味・関心(スポーツ・映画・買い物・ビジネスなど)
・つながり

「つながり」という設定では、ユーザーのアクション(下記参照)に基づいてターゲティングに含む・外すを選ぶことができます。この設定により、ターゲティングを絞り込むことができ精度を高められます。

・あなたのFacebookページに「いいね!」をしたユーザー
・あなたのFacebookイベントに回答したユーザー
・あなたの企業のアプリを使用したユーザー

◎ カスタムオーディエンス
カスタムオーディエンスは、あなたの企業のビジネスに対してすでにアクションを実行したユーザーに再度アプローチするためのターゲティング方法です。

すでに接点がある人や、あなたの企業や商品に興味を持つ人が対象になるため、精度が高まるのが特長です。たとえば下記のようなユーザーが対象となります。

・Facebookやインスタで「いいね!」などの行動履歴があるユーザー
・自社Webサイトに訪問したことがあるユーザー
・自社にリストがある既存顧客

◎ 類似オーディエンス
優良顧客(既存の顧客)と共通の興味・関心を持つ新しい利用者にリーチするためのターゲティング方法です。

類似オーディエンスを使用することで、広告へのクリックが見込めそうなユーザーと効果的につながることが可能です。

【Facebook広告のターゲティングの特徴】
実名制というFacebookの最大の強みを活かし、信憑性のあるターゲティング、精度の高いターゲティングが可能

Instagram広告

Instagram広告のターゲティングは、大きく4つに分類されます。

ユーザー属性ターゲティング
 年齢、性別、言語、属性など
インタレストターゲティング
 「興味・関心」と「行動」
カスタムオーディエンス
 すでにビジネスで接点があるユーザーを対象
類似オーディエンス
 優良顧客に属性が似ているがまだ接点がないユーザーを対象

それぞれの概要を解説していきます。

◎ ユーザー属性ターゲティング
年齢や性別のように、ユーザー自身がSNSに登録した情報をもとにして行うターゲティングです。Instagram広告のターゲティングの「基本設定」ととらえておきましょう。

ここで設定できる「属性」とは、いわゆる「ステータス」のことで、「学歴・収入・交際・子どもの有無」などを設定できます。

◎ インタレストターゲティング
ユーザーがInstagram上で行った「いいね!」や投稿などのアクションから、「興味・関心」を絞り込みターゲティングできます。また、ユーザーの「行動」データやデバイスの利用状況からも対象を絞り込めます。

「興味・関心」と「行動」のどちらも、設定できる種類(選択肢)が多く、細かい設定ができるため、広告を配信する対象をかなり絞り込むことができます。

Instagramは興味や好みでつながりあうSNSのため、ユーザーの興味関心や好みをしっかりくみ取ることができれば、配信した広告にも反応を得られやすいです。

◎ カスタムオーディエンス
Facebook広告の「カスタムオーディエンス」と同様の設定です。すでに接点があるユーザーや、あなたの企業・商品に興味があるユーザーを対象としたターゲティング方法です。

◎ 類似オーディエンス
こちらもFacebook広告の「類似オーディエンス」と同様の設定です。既存顧客と共通の興味・関心を持つ新しいユーザーに向けたターゲティング方法です。

【Instagram広告のターゲティングの特徴】
Instagramは興味や好みでつながりあうSNSのため、それらをしっかりくみ取ることができれば「インタレストターゲティング」を活用できる
Facebook傘下のため、Facebook広告のシステムを利用できる

LINE広告

LINE広告のターゲティングは、大きく3つに分類されます。

デモグラフィックターゲティング
・年齢、性別、地域など
オーディエンス
・ウェブトラフィックオーディエンス
・モバイルアプリオーディエンス
・IDFA/AAIDアップロード
・電話番号アップロード
・メールアドレスアップロード
・LINE公式アカウントの友だちオーディエンス
・類似オーディエンス
・動画視聴オーディエンス
クロスターゲティング
・同社の他サービスで取得したデータを広告配信に活用できる機能

それぞれの概要を解説していきます。

◎ デモグラフィックターゲティング
LINEユーザーが自身で登録した「性別・年代・エリア情報」などと、ユーザーの行動履歴(スタンプ購入、友だち登録履歴など)を掛け合わせてターゲティングすることができます。

LINEは実名制ではなく詳細なプロフィールの公開も求められないため、属性は「みなし属性」として分類されます。デモグラフィックターゲティングでは下記の条件で設定が可能です。

・地域
・年齢
・性別
・OS(OS別、各OSのバージョン別の指定が可能)
・趣味
・関心(18種類のカテゴリからの選択が可能)
・行動
・属性

オーディエンス
オーディエンスでは、ひとつ前に紹介した「みなし属性」によるデモグラフィックターゲティングよりも、的確なターゲティングが可能です。LINE広告を出稿する場合、このオーディエンス機能を活用することでターゲティングの精度を高められます。

「ウェブトラフィックオーディエンス」は、わかりやすくいうと「リマーケティング」の広告を配信できる機能です。LINEタグを設定することで、Webサイトを訪れた人や、あるいは会員登録をした人などをリスト化しターゲティングできます。

「電話番号アップロード」「メールアドレスアップロード」は、会社が保有する既存顧客のリストをもとにターゲティングする方法です。すでに接点があるユーザーが対象となるので、既存顧客に向けたアプローチに向いています。

◎ クロスターゲティング
「クロスターゲティング」とは、LINE公式アカウントやLINEポイントADなどで取得したデータを、LINE広告での配信に活用できる機能です。データの連携により、ターゲットユーザーに対してより最適な広告配信が可能になります。

【LINE広告のターゲティングの特徴】
SNSは利用しないがLINEは利用しているというユーザーをターゲティングできる
ターゲティング方法が多彩なので、自社の商材とターゲットにマッチしたターゲティング方法を選定できる

TikTok広告

TikTok広告(TikTok For Business)のターゲティングは、下記の4つに分類されます。

基本情報
 性別、年齢、地域、言語を設定
通信環境
 OSの種類、Wi-Fiの通信環境など
興味・関心
 旅行・ゲームなど興味関心ラベルを設定
カスタマイズ
 既存顧客のデータによるターゲティング

それぞれの概要を解説していきます。

◎ 基本情報
性別、年齢、地域、言語を設定しターゲティングできます。

特筆すべきは、「年齢」の条件設定です。TikTok広告の「年齢」のターゲティングは、他のSNSとは異なる特長がみられます。TikTok広告では、下記7つから年齢の設定を選ぶことができるのですが、「13〜17歳」といった10代の5歳きざみのセグメントは、他のSNSには見られない設定です。

1.無制限
2.13〜17歳
3.18〜24歳
4.25〜34歳
5.35〜44歳
6.45〜54歳
7.55歳以上

TikTokは10代の若年層の利用者が多いSNSです。商材によっては、この特性を活かし精度の高い広告配信を実施できます。

◎ 通信環境
通信環境では、操作システム、ネットの使用状況、デバイスプライス、システムバージョンをそれぞれターゲティングできます。

◎ 興味関心
興味関心では、ペット、ゲーム、教育、飲食・グルメ、デジタル家電、金融といった全15種類の興味関心ラベルから条件の設定が可能です。

カスタマイズ
カスタマイズ内には「カスタムオーディエンス」と「類似オーディエンス」の2種類の設定があります。

・カスタムオーディエンス
すでに保有している顧客データへの広告配信を設定できます。「カスタムオーディエンスを追加」を選択することで、広告配信の「指定」「除外」を選択できる仕組みになっています。

・類似オーディエンス
すでに保有している顧客データに類似したユーザーへの広告配信を設定できます。「類似オーディエンス拡張配信」を利用することで、ターゲットに効率的に広告を配信することが可能です。

【TikTok広告のターゲティングの特徴】
「13〜17歳」といった10代の5歳きざみのセグメントは、TikTok広告ならでは
10代の若年層の利用者が多いSNSのため、商材がマッチすれば精度の高い広告配信を実施できる

2. SNS広告の効果

SNS広告に効果がある理由

SNS広告に効果がある理由は、「SNS利用者数の圧倒的な多さ」と「日常的に利用する人の多さ」にあります。

総務省のデータによると、SNS利用者は10代〜30代は全体の80%を超えており、40代・50代でも70%超となっています。

また、上記のグラフからSNSの利用者は年々増加していることがわかります。

次に下記のグラフをご覧ください。

SNSの利用目的は、1位「コミュニケーションの手段:86.9%」2位「情報収集:63.6%」となっており、SNS利用者の多くは日常的にSNSを活用していることがわかります。

これらのデータが示すように、SNSの利用者数は多く、日常的に利用するユーザーも80%を超えます。よって、SNS広告が目にとまる機会も自然に多くなり、広告の効果も高くなります。

SNS広告を効果的に使うには?

SNS広告を効果的に使うためには、SNS広告を導入する前にすべきことがあります。

それは、あなたの会社のマーケティング領域の施策を1度俯瞰(ふかん)し、「SNS広告」という施策で達成したい目標を明確にすることです。すでに実施している他のデジタルマーケティング施策があれば、その役割と目的も再度確認してください。

【SNS広告を効果的に使うポイント】
① SNS広告の運用を始める前に、自社のマーケティング施策を俯瞰
② それぞれの施策の役割・目的を再確認
③ 「SNS広告」を追加すべきかを検討
④ 「SNS広告」という施策で達成したい目標を明確にする

たとえば、現在あなたの会社が「リスティング広告」「ディスプレイ広告」「SEO施策」「メルマガ」を実施している場合、まずはそれぞれの施策の役割・目的を再度確認し、追加で「SNS広告」を導入すべきかを検討します。

正確な判断をするためには、SNS広告が得意とする領域や、SNS広告のメリットといった、「SNS広告の特徴」を把握しておく必要があります。

SNS広告のメリットや、リスティング広告との違い、種類などは下記の記事で解説していますのでご活用ださい。

3. SNS広告の効果測定

SNS広告は、他のインターネット広告と同様で、出稿したら終わりではなく「効果測定」をすることが欠かせません。出稿した広告は効果があったか、ユーザーへのアプローチは正しかったか、費用対効果はどうだったか、といったことを、「指標」をもとに測定します。

効果測定を続けることで、改善点を見つけることができ、さらに効果的な広告配信につなげることができるのです。

◎「認知」「誘導」「獲得」という3つを効果測定
広告の目的は、「認知」「誘導」「獲得」という3段階に分けられます。この3つそれぞれに、いくつかの「指標」が設けられており、その指標をもとに測定していきます。

【指標の例】
「認知」の効果測定の指標
・インプレッション(広告が表示された回数)
・フリークエンシー(ユーザー1人に対し広告が表示された回数)
「誘導」の効果測定の指標
・クリック率(広告の表示回数に対してどれだけクリックされたかの割合)
・クリック単価(1クリックあたりの広告単価)
「獲得」の効果測定の指標
・コンバージョン数(広告を介して最終アクションに達成した数)
・コンバージョン率(広告を介して訪れたユーザーの中で獲得した件数の割合)

◎ SNSによって「指標」は異なる
各SNSによって、「認知」「誘導」「獲得」それぞれに使用される効果測定の指標は若干異なってきます。理由は、SNSによって機能や特徴、得意とすることが異なるためです。

SNS広告の効果測定を実施する場合には、自社が出稿するSNS広告の効果測定方法だけを覚えればOKです。

たとえば、あなたの企業がTwitter広告とFacebook広告を出稿する場合、この2つのSNS広告の効果測定方法だけをマスターすれば、問題ありません。

4. まとめ

最後に、本記事で解説してきた「SNS広告のターゲティング」についてまとめます。

各SNS広告のターゲティングの特徴は下記の通りです。

【SNS広告のターゲティングの特徴】
Twitter広告
◎リアルな本音(感情・思考)を発信するTwitterの特性により「キーワードターゲティング」を活用できる
Facebook広告
◎Facebookの最大の強み「実名制」を活かし、信憑性のある精度の高いターゲティングが可能
Instagram広告
◎興味や好みをしっかりくみ取ることができれば「インタレストターゲティング」を最大限に活用できる
◎Facebook傘下のため、Facebook広告のシステムを利用できる
Twitter広告
◎SNSは利用しないがLINEは利用しているというユーザーをターゲティングできる
◎ターゲティング方法が多彩。商材とターゲットにマッチしたターゲティング方法を選定できる
TikTok広告
◎「13〜17歳」といった10代の5歳きざみのセグメントは、TikTok広告ならでは
◎10代の若年層の利用者が多いSNSのため、商材がマッチすれば精度の高い広告配信を実施できる 

SNS広告を効果的に使うには、導入する前に次の4つをチェックしましょう。

・あなたの会社のマーケティング領域の施策を再度確認
・実施中のデジタルマーケティング施策があれば、役割と目的も再度確認
・「SNS広告」を追加すべきかを検討
・「SNS広告」という施策で達成したい目標を明確にする

SNS広告には効果測定が欠かせません。出稿したら終わりではなく、「認知」「誘導」「獲得」それぞれにおいて、効果測定指標をもとに測定ましょう。

以上が、本記事のまとめです。

「SNS広告を運用したいが対応できる人材がいない」「SNS広告で潜在層にアプローチしたい」といったお悩みを抱えている場合には、ぜひ1度弊社までご相談ください。

わたしたちサンロフトは、中小企業のWebサイト制作を得意分野とするWeb制作会社です。豊富な実績と経験を活かし、中小企業のデジタルマーケティングをはじめとし、SEO対策、Web集客、SNS広告、企業のコンサルティングなども行っていますので、ぜひご活用ください。

たとえば、こんな悩みがある方はお気軽にご相談ください。

ビジネス戦略を立てるパートナーを探している/Webマーケティングを強化したい
/Webサイトをリニューアルして成果を上げたい

資料ダウンロード

お問い合わせ