【図解】Webサイトとランディングページ(LP)の違いを徹底解説

「Webサイトとランディングページ(LP)って何が違うの?」
「WebサイトとLPはどう使い分けたらいい?」
「自社にはWebサイトとLPのどちらが必要?」

このようなお悩みを持つ、初心者のWeb担当の方に向けて、Webサイトとランディングページの違い図解でわかりやすく徹底解説いたします。

この記事でわかること

  • WebサイトとLPの違い(目的・役割・特徴・集客方法など)
  • Webサイトとランディングページの使い分け
  • 自社にランディングページは必要かどうか

読み終えていただければ、Webサイトとランディングページの違いがわかるようになり、自社のWeb集客に活かしていただけます。

絶対に抑えておきたい成功法則36
目次

1. 【図解】Webサイトとランディングページ(LP)の違いとは?

Webサイトとランディングページ(LP)の違い

Webサイトとランディングページ(LP)の違う点は数多くありますが、最も大きな違いは「ページ数」と「構造」です。

Webサイトは、ページ数が複数で構成されており、TOPページを起点としてページからページへと複数の下層ページに遷移(せんい)できる構造です。

対して、ランディングページは、1ページ完結型のWebページのため、他のページへ遷移できる構造にはなっていません。

LPに訪れた時に最初に表示されるファーストビュー(ページの上部)から、下方向へスクロールして見てもらう仕組みです。

その他のWebサイトとLPの違いも、一覧にまとめました。

スクロールできます
Webサイト LP
ページ数・構造・複数ページ
・下層ページに遷移できる構造
・1ページ完結
・下層ページはない
目的サイトによって異なるCV達成
役割情報を網羅的に伝える短期的な売上UP
特徴さまざまな種類があるセールストークにそって展開
集客方法検索エンジンインターネット広告
デザインシンプルインパクトがある
公開期間無期限限定的
SEO対策必須対策しても効果を得られにくい
作り方管理しやすいシステムを活用自力で作るか、外注かによって異なる

次の章では、上記の違いについて、よりくわしく解説していきます。

2. Webサイトとランディングページ(LP)の違いを徹底解説!

①目的

Webサイトとランディングページの「目的」の違い

Webサイトの目的は、サイトを作成する時に設定し、サイトごとに異なります

一般的には、「企業案内」「商品・サービスの紹介」「商品の販売」「認知拡大」「企業ブランディング」「採用」などを目的としてサイトを作成・運営するケースが多いです。

対して、ランディングページの目的は、コンバージョン達成(CV達成)※です。
※コンバージョン(CV)とは、Webマーケティング用語で「成果」を意味します。

何をCVに設定するかはランディングページによって異なりますが、一般的には「購入」「申し込み」「資料請求」「お問い合せ」「予約」などをCVに設定します。

つまり、ランディングページは、訪問者に「購入」や「申し込み」といった売上に直結するアクションをしてもらうためのページなんですね。

②役割

Webサイトとランディングページの「役割」の違い

Webサイトの役割は、サイトの目的を達成するために、サイト訪問者に対し、企業のさまざまな情報を「網羅的に提供」することです。

たとえば、あなたの会社のWebサイトの目的が「企業紹介」だとしたら、あなたの会社についての情報を、どこよりもくわしく、わかりやすく、お客さまに伝えるのがWebサイトの役割になります。

お客さまが必要とする情報を網羅したり、最新情報をまめに更新したりすることで、お客さまとの信頼性を築いていくのもWebサイトの役割のひとつといえます。

対して、ランディングページの役割は、商品やサービスのメリット(買うべき理由、必要性など)を効果的に伝え、コンバージョン率※を引き上げて短期的な売上UPを図ることです。
※コンバージョン率(CVR)とは、お問い合わせや購入といった「最終成果」に達した件数の割合のことです。

たとえば、あなたの会社が海産物を販売しているとしたら、旬の海鮮がとれる時期や、お中元やお歳暮のシーズンをねらってLPを公開し、集中的に売上アップをねらいます。

③特徴

Webサイトとランディングページの「特徴」の違い

Webサイトには、目的に応じてさまざまな種類があり、それぞれ特徴があります

Webサイトの種類と特徴は次の通りです。

スクロールできます
Webサイトの種類 特徴
コーポレートサイト会社のWebサイトといえばこれ。
「会社案内」に該当し、企業が名刺代わりになるサイト
サービスサイト自社の商品やサービスの紹介および認知拡大が目的のサイト
ブランディングサイト自社のテイストアイデンティティを明確に伝えるためのサイト(商材の販売はしない)
ECサイト
(通販サイト)
Web上の店舗の役割を持ち、商材を販売して、決済まで完了できるサイト
オウンドメディア企業ブログのように自社独自のメディアを発信するためのサイト
採用サイト採用に特化した専門サイト

また、Webサイトは、どの種類であっても、新しい情報を追加したり、ページを増やしたりして、情報を増やしアップデートしていきます。

対して、ランディングページの特徴は、

  • インターネット広告と組み合わせて活用する
  • 他のページへのリンクが極端に少ない
  • セールストークによりストーリー性をもって展開する

といった点が挙げられます。

LPにリンクが極端に少ない理由は、読者の離脱を防ぐためです。

他のページ(たとえばWebサイトのページやブログページなど)へのリンクを極力減らすことにより、「CV達成の最大化」を目指します

④集客方法

Webサイトとランディングページの「集客方法」の違い

Webサイトの集客は、GoogleやYahoo!といった検索エンジンからがメインです。

各Webページや企業ブログを、検索エンジンで上位表示※させることにより、多くの「見込み客」を獲得していきます。
※上位表示とは、一般的に検索結果の1ページ目に表示されることを指します。

Webサイトを検索エンジンで上位表示させるには、Webサイトの全コンテンツ(各Webページや企業ブログ)にSEO対策を行います。

また、Webサイトの集客は、次のような方法でも可能です。

  • メルマガ配信
  • プレスリリース配信
  • SNSへの投稿
  • SNS広告やインターネット広告(主にECサイト)

Web集客については、下記記事が役立ちます。

対して、ランディングページの集客は、インターネット広告がメインです。

LPは検索エンジンでは上位表示されにくいため、インターネット上に露出させるには、インターネット広告を活用します

特に、リスティング広告は、ニーズが顕在化した「今すぐ客」に向けた広告なので、CV達成を目的とするLPとは非常に相性が良いです。

⑤デザイン

Webサイトとランディングページの「デザイン」の違い

Webサイトのデザインは、レイアウト使用カラーフォントといったテイストを統一し、ある程度決めておいたフォーマットにしたがって進めていきます

Webサイトのデザインは、企業やブランドイメージによっても異なりますが、すっきりとシンプルにまとめ、全ページに統一感を持たせて、ユーザーが長時間滞在しても疲れないように工夫します。

また、Webサイトのデザインは、他ページへの遷移のしやすさも重要なポイントです。

ページからページへと遷移してもらうWebサイトのデザインにおいて、重要な考え方としてUIデザインというものがあります。

UI(ユーアイ)とは、ユーザーインターフェースの略称で、サービスとユーザーの接点のことを指します。

Webサイトをデザインする際には、このUIを考慮して、Webサイトの操作のしやすさや、他ページへの繊維のしやすさ、使い心地、といったことを意識しましょう。

対して、ランディングページのデザインは、縦長のレイアウトです。

そして、Webサイトと比較するとメリハリがあり、派手な印象です。色やフォントにもインパクトを持たせます。

なぜなら、LPはCV達成を目的としているため、ページの最後までスクロールしてもらえるような工夫が必要だからです。

途中で離脱させないために、LPは飽きないデザイン、メリハリのある構成を意識して作成しましょう。

⑥公開期間

Webサイトとランディングページの「公開期間」の違い

Webサイトの公開期間には特に期限はありません。サービスや商品を提供する会社が存続するかぎり、無期限で公開されるのがWebサイトです。

対して、ランディングページの公開期間、LPによっては限定的です。

たとえば、「限定商品の購入」や「セミナー申し込み」のように、販売数に限りがあったり、イベントの日程が決まっている場合には、公開期限が限定的になり、一般的なLPと比較すると短期的な公開となります。

⑦SEO対策

Webサイトとランディングページの「SEO対策」の違い

Webサイトには、SEO対策が欠かせません。

理由は、SEO対策を行うことにより、ユーザーが見やすく使いやすいWebサイトの構築やコンテンツ作成につながり、結果的に、検索エンジンから評価されやすくなるためです。

検索エンジンに評価されるということは、つまり、検索結果の1ページ目に表示されやすくなるということです。

対して、ランディングページは、1ページ完結なのでSEO対策を十分に行える構造・情報量ではないため、検索エンジンの評価は得られにくく、上位表示はされにくい傾向があります。

上位表示されなくても、LPの「文章」はSEOを意識すべき理由

「LPはSEO対策をしても上位表示されにくい」という理由から、LPの作成時にSEO対策を無視するケースがありますが、実はそれは誤りです。

LPのセールストークとして掲載する「キャッチコピー」「ボディコピー」「見出し」「本文」といった文章は、SEOを意識して作成することにより、ユーザーニーズを的確にとらえた文言に仕上げることができます

たとえ、LPが上位表示されにくいコンテンツであっても、ユーザー意図を意識し、「読んで良かった」「自分に必要な情報だった」と思ってもらえるコンテンツ作りが大切なんですね。

⑧作り方

Webサイトとランディングページの「作り方」の違い

Webサイトを作る時は、ページ数を増やしていくことを前提とし、ページを管理しやすいCMS※というシステムを利用して構築していくケースが多いです。
CMS(シーエムエス)は、プログラミングの専門知識がない方でも、スムーズにWebサイトを構築できるシステムです。

対して、ランディングページは、自社で作成するか、制作会社に依頼するかで作り方が変わってきます

自社で作る場合には、ランディングページ作成ツール(無料or有料)を活用するのがおすすめです。

おすすめの無料LP作成ツール

  • ペライチ
  • Wix(ウィックス)
  • Jimdo(ジンドゥー)

制作会社に依頼する場合には、その会社が採用するシステムを使って作ることになります。

また、LPの「作る手順」については、下記ページの「9. ランディングページ(LP)の作り方の手順【3ステップ】」が参考になります。

3. Webサイトとランディングページはどう使い分ける?

Webサイトは「中・長期的な集客」が得意

Webサイトは、「中長期スパンでの集客」に強いです。

集客できるようになるまでは、6カ月〜1年といった時間がかかりますが、地道に運営することにより、コンスタントに集客が見込めるようになり、Web集客の主軸に育てられます

集客まで時間がかかる理由として、Webサイトがコンテンツマーケティング※に分類されることが挙げられます。
※コンテンツマーケティングとは、Webサイトを構成する各Webページやブログ記事といった「コンテンツ」の品質を高め、ユーザーに価値がある情報を提供することで、集客につなげる手法です。

コンテンツマーケティングは、認知を広めたり、見込み客を増やしたりといったことを得意とする手法です。

つまり、中・長期にわたり「未来のお客さま」を広く集めることが可能です。

ランディングページは「短期的な集客」に強い

ランディングページは、Webサイトとは異なり「短期的な集客」が得意です。

その理由は、LPはニーズが顕在化した「今すぐ客」向けの施策だからです。インターネット広告とLPを組み合わせて集中的な集客を実現できます。

4. Webサイトはあるけど、ランディングページも作るべき?

結論を先にいうと、LPはどの企業も1度は検討すべきです。

理由は、LPは「購入」「申し込み」といったCV達成に特化したコンテンツなので、会社の売り上げに直結するためです。

WebサイトとLPではターゲットとなる顧客層が異なるため、理想は、WebサイトとLPを常時併用して集客を行う手法です。

とはいえ、LPには広告運用が必要になるため、現実的に考えると「予算が取れない……」という企業も多いかと思います。

そんな企業には、必要に応じてLPを活用する手法をおすすめします。

Webサイト運用を基本とし、必要に応じてLPで集客する「ハイブリッド型」がおすすめ

まずは、Webサイトの運用を基本とし、中長期的に「見込み客」を集めていきます

そして、集中的な集客を必要とする時には、LPを活用して「今すぐ客」を短期的に集め、収益アップを図ります。

また、Webサイトで中長期的に集めた見込み客を、タイミングをみて、広告によってLPに流入させる手法もあります。

5. ちなみに、ECサイトとランディングページはどう使い分けるの?

ECサイトとランディングページの違い

ECサイトとランディングページの違い

ECサイトは、企業が販売する商品が豊富に取りそろえてある、Web上の店舗です。

お客さまがECサイトに訪問すれば、その企業の商品がほぼコンプリートできる、商品カタログのようなイメージです。

対して、ランディングページ販売する商品を1ページ1つに絞ります。厳選した1つの商品を集中して売るための特化型のお店がLPです。

それぞれメリットが異なるため、組み合わせて利用するケースが多い

ECサイトとLPは、組み合わせて活用するケースが多いです。

色々な活用の仕方がありますが、「ECサイトは既存顧客向け」「LPは新規顧客向け」として、使い分ける手法があります。

あなたの会社の商品を、すでに購入したことがある、または、すでにファンになっている顧客層には、「他の商品も見てみたい」「違うものも試してみたい」といったニーズが生まれます。

こういった既存顧客やリピーターは、ECサイトから購入する方が多く、サイトをお気に入りにブックマークする確率も高くなります。

ECサイトは品ぞろえが豊富で、たとえるなら「百貨店」のような存在で、ファン化した顧客にマッチしているのです。

対して、LP新規顧客の体験の入り口として活用するのが向いています。

自社の目玉商品人気商品をLP経由で購入・利用してもらい、質のよい「顧客体験」をしてもらうのです。

質のよい顧客体験ができる商品とは、たとえば、ユニクロなら「ヒートテック」、野菜宅配のらでぃっしゅぼーやなら初回限定の「旬の野菜お試しセット」が該当します。

最初に良い顧客体験ができれば、2回目も買ってもらえる確率は上がります

このように、ECサイトとLPは、それぞれ戦略的に顧客体験を設計して活用するのがおすすめです。

6. まとめ

最後に「Webサイトとランディングページの違い」をまとめます。

WebサイトLP
ページ数・構造・複数ページ
・下層ページに遷移できる構造
・1ページ完結
・単一ページ構成なので、下層ページは存在しない
目的サイトによって異なるCV達成
役割・情報を網羅的に伝える
・信頼を構築する
・商材のメリットを効果的に伝える
・短期的な売上UP
特徴・さまざまな種類がある
・新規情報やページを増やす
・広告と組み合わせて運用
・他ページへのリンクが少ない
・セールストークにそって展開
集客方法検索エンジンインターネット広告
デザイン・シンプル
・統一感を持たせる
・遷移しやすいUIデザイン
・インパクトがある
・縦長のレイアウト
・飽きさせないデザイン
公開期間無期限限定的
SEO対策必須対策しても効果を得られにくい
作り方管理しやすいシステムを活用自力で作るか、外注かによって異なる

LPは、CV達成に目的をしぼった施策なので、短期間の売上アップに有効です。

どの企業も、1度検討されることをおすすめします。

「LPを活用して短期的に収益を上げたい」「LPを導入したいが、具体的なやり方がわからない」といったお悩みを抱えている方は、ぜひ一度弊社までご相談ください。

URLとタイトルをコピーする
目次
閉じる