社長メッセージ

就職活動中の学生の皆さん、こんにちは。
株式会社サンロフト 代表取締役社長の松田敏孝(まつだとしたか)です。
ここでは、私から就職活動中の皆さんに伝えたいことをお話しします。サンロフトのことをより理解していただきたいのはもちろんですが、就職活動に大切なことにも気づいていただけたら幸いです。

会社の方向性

情報技術の進化はますます速く、昨日できなかったことが今日にはできるというエキサイティングな状況が続いています。最近ではIoT、BIGDATA、AI、FinTech等のキーワードが日々新聞紙面等を賑わしていますが、これは、これまでの「検索やECで使われるIT」から、「製造業や金融、医療、農業等、あらゆる分野のメイン業務として使われるIT」に変化したことを意味しています。これからはどの分野の会社に就職してもITとの関りは避けて通ることはできないでしょう。

新しい技術はともすると「(動画の表示が)早くなったなぁ」とか「(撮影した写真が)きれいになったなぁ」等、深く気に留めることもなく通り過ぎていってしまいます。そこで「この技術を使えば、もっと仕事が効率的になるはず」とか「多くの人たちに喜んでもらえるはず」と思うことがとても大切です。新しい技術は毎日のように登場していますから、業務改善も毎日のように提案されても不思議ではありません。そうした取り組みは会社を確実に進化させます。サンロフトでは新しい技術を自分たちで創り出すことに挑戦しながら、多くの技術を組み合わせて、親しみやすく提供し、明るく夢のある情報化社会の実現に貢献したいと考えています。

求める学生像

どんな業界の企業であれ、お客様や仲間に対して細やかな配慮を持つことは重要です。

笑顔で過ごす、元気な挨拶を交わす、相手を思いやる、適切な報告・連絡・相談をする、活発に議論する、決まったことには最善を尽くすなど、「チームサンロフト」として楽しく仕事をする価値観を大事にしたいと考えます。特に営業系や総務・経理、マーケティングなどの職種を志望する方々はこういった素養をもっていてほしいです。

エンジニア志望の皆さんならITのことが好きで、仕事への情熱、高い志、明るく前向きな姿勢といった姿勢をもっていて欲しいです。このような姿勢がある人ならば、専門スキルは入社後でも身につけ、大いに伸ばすことができます。サンロフトでは専門の講師の方々をお招きしての研修会、東京などで行われる外部セミナーへの参加も活発です。またセミナーに参加してきた社員による情報共有のための勉強会も盛んに行われています。専門知識に自信がないという人でも、仕事に取り組みながら研修も活かすことでスキルアップできます。サンロフトで活躍できるチャンスは大いにあると考えてください。

最後に・・・

大手企業と中小企業・ベンチャー企業との大きな違いは「社長と社員の距離」です。会社の決定は最終的には社長が行います。その社長との距離が中小企業・ベンチャー企業の場合は近い。それは皆さんの意見が社長に届きやすく、やりたいと思ったことに取り組める可能性が高いということです。これが中小企業・ベンチャー企業の魅力だと思います。

仕事に打ち込んで2、3年すると、いろいろなことがわかってくるし、やりたいこと、チャレンジしたいことがでてきます。そんなとき、会社の最終決定者である「社長との距離が近い」ことは重要です。なぜなら、皆さんの考えていること・やりたいことが私の耳に届きやすいからです。私は、経営理念である「テクノロジーを親しみやすく」と「明るく夢のある情報化社会の実現」を創りだしていくためには、若い皆さんの発想が絶対的に必要だと思っています。サービスを提供する業界や業務を決め、対象となるお客様に、若い感性溢れる、日本一喜ばれるシステムやコンテンツを作り、提供しましょう。

また、このWebサイトの中にある「スタッフの声」という若い社員からのメッセージを是非読んでみてください。皆さんに近い年代の社員の声を聞くことで、きっと入社後の自分の仕事を思い浮かべることができると思います。

「自分もこの人たちのように働きたい」と思えたら、ぜひサンロフトの会社説明会にお越しください。会社説明会には私も参加し、皆さんに直接お話ししたいと思っています。

それでは、夢を持った明るく元気な学生さんとの出会いを楽しみにしています。

最後に、社長の私について詳しく知りたい方は、約15年間続けているブログを読んでみてください。
私のブログ「東京日記」 “就活生向けダイジェスト版” はこちらからどうぞ。