数字でわかるサンロフト

数字でわかるサンロフト

数字を通して、サンロフトをご紹介。
サンロフトにまつわる数字とエピソードをご覧ください。

創立年は1992年。当時は、ちょうどパソコンが一般に普及しはじめる頃でした。それからの20年はまさしく「IT革命」と呼ぶにふさわしい激動の時代に突入していったのです。

2022年で30周年を迎えました。IT活用がますます私たちの仕事や生活に不可欠になってきた今こそ「テクノロジーを親しみやすく」「明るく夢のある情報化社会の実現」を経営理念に掲げたサンロフトの役割が重要になってきたと感じています。詳しくは、動画「IT業界の変遷とサンロフト30周年の歴史」をご覧ください。

サンロフトの新オフィスの住所は焼津市柳新屋436-1。西焼津駅からは徒歩で2分の場所にあります。2018年2月5日から移転したオフィスには、イノベーションを生み出すための様々な仕掛けを盛り込みました。新たな働き方を実践し、発想力を高めます。詳しくは、オフィス紹介をご覧ください。

社員数は正社員が56名、パート社員などを含めると76名になります。

正社員の平均年齢は35.9歳。比較的若い世代が多いのが特徴です。

2004年からはじめた社長ブログ「東京日記」の月間平均ページビュー数は、25,000pv以上あります。社長の松田敏孝は、常に情報発信を行い、そこから生まれた人脈で魅力的なパートナーと交流できるところが強みのひとつ。社員との距離も近く、親しみやすい社長です。社長メッセージにて、就職活動中の皆さんに伝えたいことを語っています。

 

正社員の男女比率は、男性が48%、女性が52%で、男女数はほぼ同じくらい。2022年に初めて女性社員が半数を超えました。管理職の男女比率は産業平均を大きく上回る30%以上を維持。厚生労働大臣より「えるぼし」の最高位である「認定段階3」を取得するなど、女性も活躍しやすい環境になっています。

サンロフトは、デジタルマーケティング・Webサイト制作、映像コンテンツ制作、Webシステム開発、メディアマーケティング・プロモーション、社内SNS日報システム「nanoty」開発、キッティング・情報セキュリティ対策の大きく分けて6つの事業を展開しています。

サンロフトのメインフロア「ZONE3(ゾーン スリー)」。フリーアドレス制を導入しており、事業部を越えたコミュニケーションが取りやすくなっています。

数字でわかるサンロフトはこれでおしまい。ナビゲーターは受付勤務の招き猫「さぶろく」でした。サンロフトについてもっと知りたい方はインターンシップや会社説明会などのイベントにお越しください。

(2022年4月1日現在)