静岡大学 情報学部行動情報学科
TONG DUY QUANG
期間:2019年9月2日~9月13日

サンロフトのインターンシップを選んだ理由

時代に遅れず、自分を鍛える!

私はITを学んでおり、将来はITエンジニアになりたいです。世界中で話題になってる「IoT」や「Blockchain」などのITトレンドに関心を持ち、実際にIT企業でそのITトレンドを詳しく知りたい、また、今まで学校で勉強してきた専門知識が実際の職務で何パーセントが応用できるのか、自分がまだできていないことが何かを体験したいと思って、株式会社サンロフトのインターンシップを希望しました。

実際にインターンシップを体験してみて

0.7%の重要さ

「0.7%」は静岡県のIT企業の割合です。1%にも届かない、でも、これから地元の発展を大きく支えていくのはIT企業が重要だと思っています。
2週間で、先輩社員たちが「Creative」をテーマにインターンシッププログラムを企画してくださって、心から感謝いたします。最初日に「2週間って長いだな」と思っていましたが、最終日に「やっと終わったね!」ではなく「もう終わっちゃったか!」という気持ちを持っていました。担当社員たちがチームワークのコツや創造的な考え方などの貴重な知識を教えてくださいました。そのすべての知識が、これから自分の就職・進学に大変役に立つと思います。社内の雰囲気はとても穏やかで、社内のカフェがあって、自由にしゃべったり、自分なりの働き方をしたりする。特に、松田社長がとても優しく、いつも笑顔で接してくれて、距離感を全然感じなかったです。昼休みの時に、社員先輩と一緒にご飯を食べて、職務に関する経験ややりがいなどを気軽に聞かせていただきました。大学でそのような社会人の本音をなかなか聞くチャンスが得られないと思いますので、自分にとってとても貴重な経験でした。これから、勉強のことでも、仕事のことでも頑張ろうと思っています。2週間、お世話になって ありがとうございます。

 

インターンシップ2019のレポートはこちら