静岡産業技術専門学校 みらい情報科
松永 和偉
期間:2020年8月17日~8月28日

サンロフトのインターンシップを選んだ理由

自社開発サービスが決め手

 2週間という長い期間体験させていただくことができ、実際の業務に近い体験をさせていただけると思い、参加を決めました。また、サンクスコイン制度や、nanotyなど、独自の制度も数あることを知り、それも決め手となりました。

実際にインターンシップを体験してみて

チームワークの生み出し方を体感

 2週間という期間でしたが、とても濃密な体験ができました。普段学校で行っているグループワークはすでに見知った方とのものでしたが、今回のグループワークは初めて会う方とのものでした。はじめは緊張もあり、なかなかディスカッションが進まないことが多かったです。しかし、どのようにすれば常識外なアイデアが出るのか、チームワークとは一体何でどのように生み出していくのかを教えていただき、徐々に勢いのあるグループワークができるようになりました。特に、今自分がどのような役割なのかを考えながら発言することは今までにないことでした。最終課題では、メンバーそれぞれが役割をもって、良い発表ができたと思います。

 職業別プログラムではチームを組んで開発を行いました。他の人も読むことを意識しながらコードを書くことや、他の方と一緒に開発することなど普段あまりできない体験であり、勉強になりました。
 サンロフトの社員の方々は、コロナ禍でオンラインでも良い体験ができるよう、サンロフトのことを知れるよう考えてくださいました。2週間ありがとうございました。