インターンシップ生の声-三戸 尚樹 沼津工業高等専門学校 制御情報工学科
三戸 尚樹
期間:2018年8月20日~8月31日
職種:開発職

サンロフトのインターンシップを選んだ理由

新しいことに挑戦し続ける企業

私がサンロフトさんを選んだ理由は、自分を成長させてくれる企業だと思ったからです。Webサイトの「サンロフト36の特徴」というページに、Web系の企業でありながら新聞を発行していたり、社員の発想力を高める「ミステリーランチ」を実施していたり、地方創生に取り組んでいたりなど幅広い活動をされていることが記述されていました。Web系の事業だけでなくいろいろな活動をしていて、なおかつ社員が50人弱と知り、いろいろな事業をやっている活発的な人が集まっている企業であるという印象を受けました。ここにインターンシップでお世話になれば活発的で熱意ある人たちと関わることができ、自分が大きく成長できると思い、サンロフトさんを選ばせていただきました。

実際にインターンシップを体験してみて

深い内容と幅広い経験

インターンシップを体験して、自分はサンロフトさんがインターンシップに対して真剣に取り組んでくださっていると感じました。私は開発職を選択していたので、インターンシップが始まる前はシステム開発の仕事だけをするのだと思っていました。しかし、実際のプログラムでは、インターンシップ生全員で取り組むグループワークを用意してくださったり、実際の社内会議やお客様との会議をたくさん見学させてくださったり、社員の皆様とランチを共にする機会を設けてくださったりと、幅広い経験をさせていただきました。それぞれの時間がしっかり確保されつつも、もちろん開発職の実務の時間も担当の方がきっちり教えてくださり、1つ1つの内容がとても濃かったです。多くのことを経験させていただき、働くということや、会社というものへの考え方が変わり大きく成長できたと思います。

インターンシップ生「三戸 尚樹」の1日

 

AM9:50

出社

社員の皆様に「おはようございます」。
今日も1日が始まりました。

AM 09:50 出社
AM10:00

実務体験

実際のシステム開発、エラーがでないようにがんばります。

AM 10:00 実務体験
PM12:00

お昼休憩

ロビーに置いてあるAIスピーカー「Alexa」と戯れます。

PM 12:00 お昼休憩
PM1:00

グループワーク

インターンシップ生全員で取り組むグループワーク。
良い報告会にするため意見交換。

PM 1:00 グループワーク
PM3:30

日報作成

1日を振り返り。
社内SNS「nanoty」に業務内容を投稿します。

PM 3:30 日報作成
PM4:00

退社

社員の皆様に挨拶をし、お先に失礼します。

PM 4:00 退社