インターンシップ生の声-鈴木 なつ美 常葉大学 教育学部 生涯学習学科
鈴木 なつ美
期間:2018年8月20日~8月31日
職種:広報・マーケティング職

サンロフトのインターンシップを選んだ理由

新しい技術や考え方で地元に貢献したい

私は、焼津市で生まれ育ちました。将来も、地元で就職し、地域に貢献したいと考えています。大学3年の夏、実際に企業に足を運ぶことで会社や仕事のことを知りたいと思い、インターンシップに参加するための企業探しを始めました。その中で、大学に貼られたチラシから見つけたのがサンロフトさんでした。WebサイトやFacebookを見てみると、地元に密着した企業でありながら、ベンチャー企業の視点を持ち、全国に目を向けた事業を展開している、時流に対応した会社であるとわかりました。自分が生まれ育った町に、こんな企業があるのかと驚くとともに、新しい技術や考えを取り入れて地域に貢献しているところにとても魅力に感じ、インターンシップの参加を希望しました。

実際にインターンシップを体験してみて

職種を学び、自分の将来を見つめる

広報・マーケティング職の実務体験では、保育園でのワークショップに同行させていただいたり、実際にあるサイトのコンテンツやこれから予定されているイベントに対する案を考えたりして、サンロフトさんがどのような仕事を、どのように行っているのかをより具体的に知ることができました。広報・マーケティングの仕事は正解がなく、考えを形にするまでの難しさを感じましたが、それをやり遂げたときの達成感は大きく、とてもやりがいのある仕事であると学びました。他にも、インターンシップ生とのグループワークの時間や、社長や様々な部門の社員の皆様と話ができる場を設けてくださり、これからの自分の将来を考えるにあたって、とても充実した時間を過ごすことができました。

また、IT企業であることを生かし、社内SNSの「nanoty」や電子通貨の「サンクスコイン」を通して、新しい形で社員間のコミュニケーションをはかり、仕事のしやすい環境づくりをしているところを間近で見て、とても魅力的な会社であると感じました。

インターンシップ生「鈴木 なつ美」の1日

AM9:50

出社

社員の皆様と挨拶を交わしオフィスへ。
1日がはじまります。

AM09:50 出社
AM10:00

グループワーク

インターンシップ生全員で1つの課題に取り組みます。

③	AM10:00 グループワーク
PM12:00

昼食

社員の皆様といろいろな話をしてコミュニケーションを深めます。

PM12:00 昼食
PM1:00

実務体験

担当社員の指導のもと、サイトの新しいコンテンツを考えます。

PM1:00 実務体験
PM3:30

日報

社内SNS「nanoty」に日報を記入します。

PM3:30 日報
PM4:00

退社

お先に失礼します。明日もがんばります。

PM4:00 退社