沼津情報ビジネス専門学校 CGデザイン科
佐々木 祐哉
期間:2019年8月19日~8月30日

サンロフトのインターンシップを選んだ理由

Webデザイナーとは

僕はもともとデザインに興味があり、そして次第にWebデザインに興味を持ちました。IT社会では、Webができたら仕事の幅も広がるのではないか。そうぼんやりと考えていましたが、実際のところコンピュータやITは素人で、この業界に進むのに不安も抱えていました。そんな中、学校に届いたインターンシップのチラシにあった「Web」という文字が目に入り、企業に見に行こうと思い参加を決めました。

実際にインターンシップを体験してみて

自分の個性は捨てなくていい

今回のインターンシップは10日間あったのですが、特にグループワークが多かったことが印象に残っています。初日はほかのインターンシップ生の顔も名前も覚えられていない中で、ゲーム感覚のワークをしました。協力して進めることが多かったので、社員の方やインターンシップ生同士の仲がより速く深められたと思います。
2日目からはブレインストーミングやアイデアを形にするより具体的な手法を学びました。お互いの緊張の紐もどんどん解けていくため、自分の個性も出てきました。会社にはいろんな人がいて、その中で協調していくことが大事だと社員の方からも教えていただきましたが、チームが効率的に効果的に成果を出すためには、個性や意見の掛け合わせも大事だといいます。今回のインターンシップでは、違う学校の、自分にはない感性をもつ人たちとの交流・話し合いが多くありました。様々な個性や意見を正面から受け止め、かつその意見に対し賛否や共感、より良くするためにどんどんアイデアを掛け合わせるなど、様々なコミュニケーションの毎日で、社会人を少し体験できたような、自分としても成長を感じられた時間となりました。
もともと社会に出たら、「個性」を抑えなければならない。そう思ってました。しかし、サンロフトの社員の皆さんはユニークかつ個性を出していました。そして笑顔で働いていました。私がインターンシップに参加して、1番よかったと思った発見でした。

インターンシップ2019のレポートはこちら