静岡大学 理学部・数学科(創造理学コース)
永田 涼太
期間:2019年8月19日~8月30日

サンロフトのインターンシップを選んだ理由

マッチング会でのクリエイティブさ

私は大学3年生の夏ということもあり、なんとなくインターンシップには行かなければという危機感から静大のインターンシップマッチング会に参加しました。そこに、1社だけ巨大なホワイトボードを持って来ていた企業があり、興味をそそられたので迷わずその説明を聞きに行きました。大半の企業はパンフレットなどを使って事業内容の説明をしてくださる中で、社会で活躍するためにプログラミング等はほぼ未経験でしたが、そこでの社員の方の話し方も大変面白く感じ、Webサイトを見てより魅力的に感じたので、加速していく興味に逆らわずサンロフトのインターンシップに決めました。

実際にインターンシップを体験してみて

来てよかったと感じる毎日

2週間、始まる前には長いと思っていましたが、毎日がとても盛りだくさんの内容で、しかもほとんどのことが自分の知らない知識や考え方であり、とても濃い、あっという間でした。「中だるみ」という言葉がありますが、そんなことが起こる暇もないほど脳をフル回転させる毎日。特に印象的だったことは、様々な活動をする際に、他の要素と混ぜて活動していたということです。ただ話を聞くのではなく、聞いたことを自分で一度考え、アウトプットする機会があるということで、より良いインプットにつながると身をもって学びました。他にもこれからの生活で役立つスキルや情報をたくさん学ばせていただきました。自分の後に参加する後輩のために、具体的なインターンシップの内容は伏せますが、来てよかったと心から言えるインターンシップでした。
もしインターンシップ先として迷っている方がおられるなら是非飛び込んでみて欲しいと思います。1日たりとも無駄な日はない2週間でした。

インターンシップ2019のレポートはこちら