沼津情報・ビジネス専門学校CGデザイン科
勝又 啓斗
期間:2019年8月19日~8月30日

サンロフトのインターンシップを選んだ理由

まず知ることから始める

私は将来、webや印刷物のデザインの仕事をしたいと考えています。まず仕事を知ることから始めようと、県内の中でそういった仕事をしている会社のインターンを探していました。ちょうどその頃学校で掲示されていた張り紙にサンロフトさんがあり興味を持ちました。3年生の担任をしている先生が繋がりを持っていて、とても良い会社で、様々なことに取り組んでいると教えてもらい、是非参加したいと思いました。

実際にインターンシップを体験してみて

新たな発見と経験との出会い

あらかじめ、過去のインターンシップ生の1日の流れをサイトで見ていたので、実際の仕事に近いことをするんだろうと思っていました。ところが、実際始まるとグループワークなどが多く、コミュニケーションを重要視した内容になっていました。なんと今年からの試験的な取り組みだったよう。ただ、どんな仕事においても、人とのコミュニケーションは欠かせないもので、ネット主流のコミュニケーションが増えているとしても、直接話すことでよりよいアイデアを出せたり、本音でトークしたりすることはビジネスにおいてとても重要なこと。学校で作業をしている時には考えないような発想法を教えていただいたり、学生ではなく、社会人としてのコミュニケーションを経験できました。
また実際に働いていらっしゃる社員の方々との交流を持たせていただくこともでき、普段の生活環境では触れることのないものに触れられたので、いろいろなことを吸収できたと思います。例えば、サンロフトには独自の社内SNS「nanoty」があり、社員は日々の業務の進捗を報告したり、コメントやいいねを送り合って励ましたりする文化があります。私たちも、インターンシップ生用のnanotyを体験し、社員の方からコメントをいただくなど、デジタルなコミュニケーションを体験することができました。これからますます加速するデジタル社会でビジネスを大きくしていくためには、プライベートな使い方だけではなく、ビジネスにSNSを活用していくことも重要だと感じました。

インターンシップ2019のレポートはこちら