神奈川工科大学 情報学部情報ネットワーク・コミュニケーション学科
和田 涼雅
期間:2019年8月19日~8月30日

サンロフトのインターンシップを選んだ理由

地元での就職という選択肢を広げるために

私がサンロフトさんのインターンシップを志望した理由は、地元での就職を選択肢に入れた際に、地元のIT企業では大学で学習している内容がどのようなところで活用されているか、実際のIT企業は一体どういった仕事内容なのかを知りたかったからです。大学内の進路相談室から私の地元である静岡県内のIT企業でインターンシップに注力している企業があると紹介していただいたのがきっかけで、サンロフトさんのインターンシップを志望しました。

実際にインターンシップを体験してみて

本当に業界で必要とされる力を学んだ2週間

2週間という長い期間のインターンシップの中で、数多くのグループワークを行いました。個人的に就業体験型のインターンシップでは大学での事前ガイダンスでは実際の業務を横から見学させてもらうイメージだったので、グループワーク中心のプログラムは少し意外に感じました。サンロフトさんの企画意図は、現在学生に求められている能力が、職種別の専門的な技術や知識よりもチームで取り組む仕事が多いIT業界で必要な能力、価値観を知って欲しいという狙いからでした。

IT企業は1人で働くのではなくチームで働く業界であることは大学での就活ガイダンスなどから知ってはいましたが、メンバーの個性やそれぞれの専門性を活かすことの難しさ、0から意味、付加価値を見つけて、1へと変えていく苦労、モノづくりの本質的な意義、目まぐるしく変化する業界の中で必要な発想力、創造力など、新しいサービスや事業を考えていくための数々の貴重な経験・知識をグループワークを通して2週間という期間でじっくりと楽しみながら体験して学べたことは、今後の就職活動の中で大きな意味を持つ2週間になったと感じています。

インターンシップ2019のレポートはこちら