SE・プログラマー 鹿内寛 若手スタッフ
鹿内 寛
入社:2019年度
職種:SE・プログラマー
役職:主任

1.就職活動時、あなたは、サンロフトを何で知りましたか?
また、その頃、サンロフトをどんな会社だとイメージしていましたか?

グループディスカッション講座の講師をしていた方に紹介していただきました。社長をはじめ、社員の皆さんが前向きに働いていると聞き、ぼんやりと、「いい会社なんだろうな」というイメージを抱いていました。もともとエンジニア志望でしたが、その後、会社説明会などで異なる職種の方のお話を聞いていくなかで、ますます良い印象に変わっていきました。

2.数ある企業の中から、サンロフトを選んだ理由は何ですか?

経営理念である「テクノロジーを親しみやすく」「明るく夢のある情報化社会の実現」と自分のやりたいことが重なったからです。中学生の頃からパソコンが好きで、パソコンを使ってどのようなことができるかを考えることが好きでした。また大学では、統計学を学びました。テクノロジーと統計学を組み合わせ、どのような夢を描き、実現できるか。サンロフトは、その知識を最大限に生かせる場所だと感じました。

3.あなたは今、どんな仕事をやっていますか?

WebサイトやWebシステムの設計、開発を行っています。Webシステムの設計では、お客様の業務を深く理解する必要があり、お客様と何度も打ち合わせを行い、今ある技術でどのようなことができるかをすり合わせていきます。開発はベトナムの企業と連携しているため、テレビ会議を行い、制作を進めることが多いです。また既存のWebシステムで、収集されたデータを分析することもあります。

4.仕事をする上で、心がけていることは何ですか?

自分なりの工夫を交えるように、心がけています。どうしたらもっといい仕事ができるか、効率よく仕事ができるか、気づいた時に立ち止まって、少し考えるようにしています。最近はAIに仕事を奪われると嘆く人も多いですが、最後は人間が考え、判断するものだと僕は思います。考えることをあきらめない姿勢を変わらず持ち合わせていたいです。

5.あなたの長所は何ですか?

何にでも興味を持つことです。サンロフトは、挑戦の機会をたくさん与えてくれる会社です。システム開発においても、1年目からプロジェクトマネージャーを任せてもらいました。広く成長の場が設けられているサンロフトで、いろいろなことに興味をもって、挑戦していきたいです。

6.サンロフトの良いところ(好きなところ)はどんなところですか?

常に前向きであるところです。時流に乗って、前向きに、変化を恐れない姿勢が好きです。変化を恐れないという点においては、僕らのような若者の意見にも誠実に耳を傾けてくれます。それは、意見を伝えやすいという環境や安心感にもつながっているように思います。

7.今後の目標や将来の夢は何ですか?

データ分析を、お客様に親しみやすく提供していくことです。今、対応している業務システムにはお客様の大切なデータが集まっています。既に下地としてあるデータを活かして、お客様のサービスに貢献できないかと考えています。システム設計で重要なのは、お客様の業務を理解すること。もし、データ分析から、お客様すら見えていなかった傾向を見ることができたら、それはサービスの新たな価値創造につなげられるかもしれません。

8.サンロフトをどんな会社にしていきたいですか?

1人1人が有機的に関わり、協力し合って、良い仕事ができる会社にしていきたいです。有機的というのは、「多くの部分が集まって一つの全体を構成し、その各部分が密接に結びついて互いに影響を及ぼし合っているさまのこと」です。社員同士がお互いに良い影響を及ぼし合うことで会社全体に良い結果をもたらしてくれると思います。

9.後輩達に望むことは何ですか?
彼らとどんなふうに仕事をしていきたいですか?

素直であることを望みます。自分の思ったことを素直に表現することは、意外と難しいものです。上司部下、年齢の差などはありますが、時にぶつかり、時に打ち解け、同じ会社の仲間として仕事したいです。

10.就職活動をする学生さんへ一言メッセージをお願いします。

自分の道を決めるのは自分以外の誰でもありません。悩み、考え抜いて、自分で決めることが一番大事だと思います。そうすることできっと、自分の納得した道を決めることができると思います。

サンロフトラジオにて「SE・プログラマーの新人時代」公開中!