オフィスのこと

オフィスからイノベーションを!
楽しく、チームワークよく働けるオフィス

サンロフトのオフィスには、イノベーションを生み出すための様々な仕掛けがあります。

新たな働き方を実践し、社員同士の意見交換も活発に。

お客様に「テクノロジーを親しみやすく」提供するために、

世の中のスピードに応じて、自らがバージョンアップしていく挑戦をする

明るく前向きな社員が集まる

そんなオフィスをご紹介いたします。

 

オフィス外観

社屋
社屋
JR西焼津駅南口より徒歩2分のところにあるオフィス。
サンロフトには、県外のお客様やビジネスパートナーも多く、相手先に訪問したりご来社いただいたりしやすくなりました。
東京や名古屋から新幹線で1時間ほどの距離にある静岡は、地方にいながら都会の空気を感じつつビジネスの発想力を高めることができます。

エントランス

明るく開放的なエントランスでは社員とさぶろくがお出迎え。

さぶろく
受付

受付勤務のさぶろくは、社長の松田が瀬戸に行った時に連れ帰ってきて以来、サンロフトの会社案内やWebサイトなど、いろいろなところに出没しているマスコット的存在です。

また、サンロフトには「ZONE1~3」と呼ばれる部屋があり、大きさによって呼び分けています。総務・経理部、モバイル・セキュリティ事業部の社員が働く1階の受付は「ZONE1」と呼ばれています。

商談室・会議室

ZONE2
ZONE2

お客様対応や社内での打ち合わせに利用しているスペース。1階の会議室は「ZONE2」と呼ばれています。

普段3つにスペースを区切って比較的少人数の会議に使っていますが、用途に合わせてレイアウトを変更し、30名規模のセミナーや研修にも利用できます。

2階にある商談室には、大画面モニターと壁面にホワイトボードを完備。
弊社の社長である松田の蔵書を集めた「松田文庫」は、社員が図書館のように自由に借りることができ、マーケティングやプレゼン手法などの専門知識や、ITトレンドを知ることができます。また、来社されたお客様に、自社のWebサイトやシステムを開発している現場の雰囲気を感じていただけるよう、ZONE3が見渡せるようになっています。

商談室

ワークスペース

メインフロアは「ZONE3」と呼ばれ、営業職、デザイン職、開発職、広報・マーケティング職、総務・経理職、ほとんどの社員が同じ空間で働いています。また、社長も社員と同じ空間で働いており、距離がとても近いこともサンロフトの特徴です。

ZONE3

フリーアドレス

フリーアドレス
プロジェクトチーム
営業の社員を中心にフリーアドレス制を採用しており、固定席を持たない社員が仕事の状況に応じて自由な働き方を実践しています。
プロジェクトごとに集まって座って仕事をしたり、ホワイトボードにメモをしながら議論できるスペースも。様々な人と話す機会が増えるので、打ち合わせが気軽にでき、事業部や職種の壁を越えた協力体制づくりや、コミュニケーションの活発化にもつながっています。

Cafe UMI・Cafe YAMA

誰もが使えるリラックス空間として、1階は海、2階は山をイメージしてデザインされたカフェスペースがあります。

cafeUMI
cafeYAMA

社内通貨「サンクスコイン」を使ってコーヒーやお菓子を購入できるコーナーがあり、ランチや休憩以外にも、アイデアやひらめきが欲しい時に、デスクとは異なる場所で仕事をしたり、社内ミーティングやお客様とのお打ち合せの場として活用したりと人気のスペースです。
また、新たなイノベーションを生み出すための「ミステリーランチ」や、就業後に社員が日本酒の会を企画・開催するなど、社員同士のつながりを深める場としても頻繁に利用されています。

和室IROHA

オフィスには珍しい、畳・座布団・掘りごたつのある和室で、脚を伸ばしてゆったりとくつろいだ気持ちで発想力を高めることができます。
窓の外には、この部屋の由来でもある「イロハモミジ」や、オフィス移転の記念に植樹した「ひたむ木」が見えます。また、労働安全衛生規則にのっとって、社員が気分が悪くなった時のために、横になれる空間としても使われています。

和室IROHA