働き方改革の本質とは、いったい何でしょうか?
働きがいを持って仕事をする。仕事に対して自分なりの切り口をもつ。
自分の存在意義を明確にする。仕事を価値あるものにし、自分も仲間も会社も成長する。
私たちは、サンロフトらしい「働き方改革」を追求していくために
「ICT活用」「制度・ルール」「オフィス環境」の3つの側面から、
まずは「サンロフト流! 働き方改革36の実践」をまとめてみました。
ICT活用(01~18) 制度・ルール(19~27) オフィス環境(28~36)となっています。

ICT活用

01. 全社の情報共有に、社内SNS日報サービス「nanoty」を活用している

自社開発したSNS型日報システム「nanoty」を使って、その日の業務内容や気づきを共有しています。全社員の日報を共有することで、部門の垣根をこえたコミュニケーションが活発に。さらに、分単位で活動明細を記入することで、上司や個人、チームでの工数管理ができるようになり、より効果的な業務の振り返りをすることができます。

  • 社員同士のコミュニケーションとモチベーションの向上
  • 仕事を通して得られた知識やノウハウの保存・共有
  • 工数管理による業務内容の振り返りや課題の見える化
02. チームのプロジェクト管理ツールに、コミュニケーションツール「Twist」を活用している

Twist」はトピックごとに会話・情報を整理できるスレッドと、そのスレッドを部署やプロジェクトごとに分けて整理できるチャンネル、そして個人・グループでのメッセージなど、保存場所がわかりやすく、新入社員から管理職まで誰もが必要な情報にアクセスできることが特徴。透明性あるコミュニケーションツールとして、リモートワーカーにとっても強い味方です。

  • 内部メールやグループチャットをすべてTwistで
  • トピックごとに会話をまとめ、必要な情報にスムーズにアクセス
  • パートナー企業を特定のチャンネルに招待することができる
03. 案件の進捗管理に、プロジェクト管理ソフトウェア「Redmine」を活用している

タスクの記録や管理、依頼にプロジェクト管理Webアプリ「Redmine」を使っています。例えば、チームでシステム開発を進める場合に、タスクを「チケット」として登録。作業の進捗状況を共有でき、工数などが明確になるため、過去の案件を振り返ることで工数算出にかかる時間を短縮できたり、計画通りに進むよう社員同士でフォローがしやすくなったりするのに役立ちます。

  • タスクの進捗がわかる
  • チームの情報共有がスムーズに
  • フォローがしやすくなる
04. お客様やパートナーとの打ち合わせに、オンラインミーティングツール「Zoom」を活用している

パソコンやスマートフォンを使って、セミナーやミーティングをオンラインで開催するために開発されたアプリ「Zoom」をWeb会議に活用しています。使い方もミーティングの主催者が招待URLを参加者に送るだけ。参加者がURLをクリックするとZoomがダウンロードされ、面倒な登録もせずにスムーズにミーティングに参加できます。

  • 遠方のお客様とも気軽に打ち合わせができる
  • 録画機能で欠席者への共有も楽に
  • データ通信量が軽く、接続が安定
05. お客さまサポートに、リポートサポートサービス「TeamViewer」を活用している

サンロフトではリモートアクセスに「TeamViewer」を使っています。例えば、園児管理システム「パステルApps」のサポートセンターでは、園の先生がソフトの操作に困ってしまったときに活用。リモート操作により同じ画面を見ながら説明できるため、つまづいた点や正しい操作方法を共有でき、全国の導入園へのフォローを短い応答時間・少人数のスタッフで対応できるようになりました。

  • 同じ画面を見ながら操作手順を説明、より理解しやすくなる
  • 少人数のスタッフで全国の導入園をフォロー
  • 平均応答時間の短縮
06. クラウドサーバーを運用することで、効率的で高い保守性を維持している

サーバーのクラウド運用により、ハードウェアの物理的な故障や障害対策から解放され、これまで社内で行っていたメンテナンスもWebブラウザさえあれば社外で対応できるようになりました。仮にサーバーに障害が起きた場合もブラウザ上からの操作や復旧が可能。サーバー保守事業者が来社し故障部品を交換、データをコピー、復旧…と数日かかっていた作業も、数時間で対応できるようになりました。

  • 社外でもメンテナンスができるようになる
  • ハードウェアにおける故障・障害の心配がない
  • 日常や災害時における保守性が高い
07. 園のICTコンサルティングに、顧客管理ツール「hubspot」を活用している

園のICT化支援を行うパステル事業部は、顧客との信頼関係の強化のために「hubspot」を使用しています。例えば、パステルIT新聞の購読状況や園児管理システム、ホームページ、各種セミナーの利用・活用状況、メルマガの開封状況といったデータの蓄積からきめ細やかなフォローアップが可能。園や企業パートナーの段階に寄り添ったご提案が可能になります。

  • 顧客のサービス利用状況ごとにフォローができる
  • タスクに対するステータスの把握を一目で把握できる
  • 顧客との信頼関係の強化
08. 受注・売上管理、経費精算に「kintone」を活用している 

kintone」は顧客管理や交通費・経費申請、セミナー管理など、仕事内容に合わせてカスタマイズできる業務システム。サンロフトでは主に受注・売上管理に活用し、各案件ごとに受注月、売上月、受注金額、粗利金額などを営業担当者が記入します。さらに、連携APIによりkitoneのデータから予実管理表(Googleスプレッドシート)を自動作成。営業会議や開発会議で戦略を立てます。

  • 案件における受注・売上管理を一元管理できる
  • 連携APIによりkintone内のデータをExcelに自動出力できる
  • 事業部や案件区分ごとの営業数字を予測でき、戦略に活かせる
09. 業績指標の見える化に「Googleデータポータル」を活用している

予実管理表をGoogleデータポータルを使って、よりわかりやすい形で表にしたもの。社内ポータル「Sコンシェルジュ」では、受注状況や売上状況について、予算に対する当月の受注金額、達成率、達成までに必要な受注金額などを一覧で確認することができます。全社だけでなく、事業部や案件区分ごとに数字を把握することができ、社員1人1人の数字意識の向上や予算達成に役立てています。

  • 予算に対する受注状況や売上状況を把握できる
  • 営業データの蓄積により、業績予測を立てられるようになる
  • 社員1人1人の数字に対する意識を向上できる
10. 業務自動化や生産性向上のための「RPA」を導入している

電子データからの転記・登録やWebサイトからの情報取得、複数のシステムを横断した事務作業において、RPAの活用を進めています。例えば、業績データの集計を自動化することで、総務・経理部の負担軽減とリアルタイムの営業支援に活躍。

  • データ登録作業や定期的な会議の資料・レポート作成を自動化
  • 生産性を向上できる
  • リアルタイムに業績データを把握でき、営業支援につながる

*サンロフトではRPAツール「WinActor」セミナーを定期開催しています。

11. クラウド版の勤怠管理システムや、電子給与明細を活用している

打刻や残業、有給休暇申請などの各種申請は「OBC」で一元管理。入退室管理システムと連携し1分単位で打刻でき、社員の勤怠の実態に限りなく近い管理ができます。管理者側のメリットしては、別々のワークフローで管理していた頃の重複作業が削減。また、残業超過者の確認や勤務間インターバルの自動チェックなど、長時間労働の未然防止や休暇消化状況の早期把握に役立っています。

  • ワークフローを一元化、社員の勤怠管理をより実態に
  • 働き方の多様化に伴う複雑な制度に対応
  • メンタルヘルス不全や休職リスクの防止
12. 「マネーフォワード」による口座連携・クレカ連携で経費精算や経理事務を効率化している

マネーフォワード」は、バックオフィス業務の作業を効率化に役立つクラウド会計ソフトです。銀行口座と連携することでデータ入力を自動化したり、クレジットカードやモバイルSuicaなどの交通系ICカードと連携することで、利用履歴や残高を一括で確認。これらはcsv形式で出力できるため、明細入力の手間削減にもつながります。

  • 口座連携によりデータ入力を自動化
  • 各種の残高確認が不要となり、ログインもスムーズに
  • csv形式で利用履歴や残高を出力できる
13. 客先や社内での議事録作成に「Googleドキュメント」を活用している

Googleドキュメント」を使えば、スマートフォンやパソコンがあれば場所を問わずにどこからでもアクセスし、文書の作成や編集を行うことができます。また、ドキュメントを共有した相手とのリアルタイム共同編集も可能。編集中の箇所にカーソルとユーザー名が表示されるため、議事録作成時に入力が追い付いていない場合にはフォローすることができ、記録漏れを防げます。

  • いつでもどこからでもアクセス
  • 共同編集でもっと便利に
  • 入力した内容すべてを自動で保存
14. 営業の数字管理やタスク管理に「Googleスプレッドシート」を活用している

業績管理やイベントのタスク・スケジュールなどのプロジェクト管理に「Googleスプレッドシート」活用。必要な情報を1つのスプレッドシートにまとめています。また、ガントチャートを簡単に作成できるProject Sheet project planning」や「Google Analytics」のデータをスプレッドシートで管理できるアドオンもあり、解析資料に活用する社員も。

  • いくつもの資料を確認する手間を削減
  • チーム全体で動きを共有できる
  • 便利なアドオンや関数で資料作成をスピーディーに
15. イベント申込受付や社内アンケートに「Googleフォーム」を活用している

会社説明会やセミナーなどのお申し込みやアンケート回収に「Googleフォーム」を利用しています。選択式、プルダウン形式、評価スケールなど、様々な形式の質問を作成できるほか、画像や YouTube 動画を追加したり、回答に応じて質問をスキップするように設定したりすることも可能。回答はリアルタイムに自動集計され、Googleスプレッドシートに回答結果を表示して分析することもできます。

  • イベント参加者の管理やWebアンケートの作成ができる
  • 高度なアンケート作成
  • リアルタイムの回答状況やグラフを確認・分析できる
16. 社員のスケジュール共有や会議室予約に「Googleカレンダー」を活用している

社員のスケジュールや会議室の空き状況、操業歴などをすべて「Googleカレンダー」で共有。ミーティングの予定を立てるときは、時間を指定し、会議に必要な人や会議室のカレンダーを選ぶだけ。予定に招待されると通知が届き、参加するかの回答ボタンを押せば、出席状況もカレンダー上で確認することができます。スムーズなスケジュール調整やタスク把握に役立てています。

  • 社員や会議室などの予定を1つの画面で表示
  • スマートなスケジュール調整
  • 予定作成にかかっていた時間を短縮
17. お客様へのリアルタイムの情報発信に「MailChimp」を活用している

メルマガ配信サービス「Mailchimp」を使い、お客さまにサンロフトマガジンを配信しています。HTMLテンプレートが豊富で、自社にあったメルマガ作成も簡単です。配信したメルマガや配信先リストの効果についてのフィードバックも充実。いつ、どの記事がクリックされたか、だれが、どのくらいメルマガを読んでいるかがわかるため、次への改善を考えるのに役立ちます。

  • 詳細なメール配信設定・高度なステップメール機能も無料で使用可能
  • ドラッグ&ドロップで直感的にHTMLメールが作成できる
  • レポート機能で詳細な分析が可能
18. デザインの資料作成に「Xd」を活用している

Adobe XD」は、ユーザー操作性をデザイン、プロトタイプ化、共有するためのプラットフォーム。今まではPowerPointやillustratorで制作していたワイヤーフレームやデザインカンプも、デザイン同士を連結して実際のWebブラウザ上での動きを再現できます。操作が簡単なだけでなく、より完成形をイメージしやすい状態でお客様に共有することができるとデザイナーおすすめのツールです。

  • ヒアリングからワイヤーフレーム作成までをXDひとつで完結
  • 共有とレビュー機能で、社内確認やクライアント確認もスムーズ
  • 共同編集により作業効率もアップ

制度・ルール

19. 仲間に感謝を示す「サンクスコイン制度」が根付いている

仲間に感謝を示すサンロフト独自の社内通貨「サンクスコイン」を愛用しています。社員1人あたり毎月500コイン(1コイン=1円)が支給され、社員同士が感謝の気持ちとともに10~50コインを相手に送ります。受け取ったコインは、社内カフェでのコーヒーやお菓子の購入に使えるほか、社内交流の活性化や社員のモチベーション向上につながっています。

  • SNS型日報システム「nanoty」を活用した独自社内通貨
  • 「ありがとう」の気持ちを大事にする風土の醸成
  • 社員同士のコミュニケーションとモチベーションの向上
20. 社員主催の社内イベントが不定期に開催されている

cafeYAMA社員が仲間を募り、社内カフェで気軽に交流イベントを開くことがあります。これまでに「納涼会」や「日本酒の会」などが開催され、さらにフットサルやマラソン、富士登山に挑戦するなどのアウトドアイベントも充実。社員間のコミュニケーションや安心できる職場づくりにつながっています。

  • 社員が「安心」できる居場所をつくる
  • 会社から配布されたサンクスコイン(500コイン)で飲み物やお菓子を購入
  • 社員同士のコミュニケーションとモチベーションの向上
21. 年度始めに「キックオフミーティング」を開催している

毎年4月には恒例の「キックオフミーティング」を開催します。経営方針や部門方針の発表、年間MVPの表彰のほか、社員全員が出演する動画の上映、記念講演やランチビュッフェなどを通じて士気を高めます。経営理念の浸透も働き方改革における大切なキーワードです。

  • 全社員で経営理念を共有する
  • 事業部・部門ごとの目標を発表・共有する
  • 社員同士のコミュニケーションとモチベーションの向上
22. 上司と部下による「1on1ミーティング」を実践している

週1回~月2回、上司と部下が30分程度の対話を1対で行う「1on1ミーティング」。離れていてもコミュニケーションが取れる時代だからこそ、Face to Faceの対話を大切にしています。「自分を客観視できる」「最近の悩みとそれに伴う学びを共有できる」と、新入社員・若手社員にとっても貴重な時間となっています。

  • 週1回~月2回、30分程度の対話を1対1で行う
  • 上司が部下の考えや今の状態を把握して、関係を構築する
  • 自分から動く人材を育成する
23. 各社員の目標管理を実施している

社員は、毎年4月と10月に目標管理シートに記入します。評価項目は「業績」「能力」「行動」の3つ。上長が設定したテーマを達成するための目標・取り組みは社員自らが記入します。四半期ごとに実施する目標管理面接や上司との1on1ミーティングを通じて、継続して振り返りを行います。

  • 専門家を交えた人事評価の定期的な見直しと実施
  • 社員のスキルアップとモチベーションの向上
  • 目標管理面接や1on1ミーティングによる目標達成の支援
24. 「年間MVP」などの社内表彰制度がある

1年に1回、社長からその年に最も活躍した社員に贈られる「年間MVP」と、それぞれの分野で活躍した社員に贈られる「殊勲賞」「技能賞」「敢闘賞」という3賞の表彰制度があります。個人に限らず、事業部・部門が受賞する年もあり、個人とチーム双方のモチベーション向上につながっています。

  • 社員のモチベーションの向上
  • 夢や目標をもって行動できる人材の育成
  • 「ありがとう」の気持ちを大事にする風土の醸成
25. 「衛生委員会」が社員の健康管理や職場環境の見直しを検討している

事業部・部門から1名が「衛生委員」に選ばれ、月に1回の専門家とのミーティングに参加します。社員が健康に、長く働けるような環境づくりのため、一カ月の平均残業時間や交通事故・傷病などによる休暇の割合をチェック。健康経営を目指し、15時のラジオ体操や体幹トレーニングの企画などを行っています。

  • 平均残業時間に対する個々の意識向上と削減
  • ラジオ体操や体幹トレーニングによる社員の健康改善
  • 健康で長く働ける職場づくり
26. 女性も活躍できる職場づくりを行っている

サンロフトは男性・女性に関わらず、社員が経営理念に共感して同じ目標の達成を目指し、会社の成長と個人の成長をともに喜び合える経営を目指しています。女性の管理職比率が産業平均の7.1%を大きく上回っていること、在宅勤務や退職者の再雇用など柔軟な働き方が社内で浸透していること、生産性の向上にかかる取り組みを評価する制度が充実していることなどが認められています。

  • 家庭との両立をはかりながら仕事を続けられる環境と風土づくり
  • ITを活かしたワークスタイルで仕事情報と考えを共有
  • 女性管理職比率が30%以上の組織でマネジメントを実践
27. 家庭の事情などに応じて時短正社員制度、フレックスタイム制度が利用できる

働き方の多様化にあわせ、サンロフトでも互いに理想的な働き方・職場づくりを推進。例えば、家庭で育児・介護が必要な場合は、短時間正社員制度を利用して勤務時間を調整。フレックスタイム制度や在宅勤務制度、勤務間インターバル、時間単位年次休暇など柔軟な働き方を支援し、労働者の定着率向上や優秀な人材の確保・定着、家庭の事情(育児、介護等)による離職防止に努めています。

  • 多様な正社員制度を認め、柔軟な働き方を推進
  • 労働者の定着率向上、優秀な人材の確保・定着
  • 家庭の事情(育児、介護等)による離職防止

オフィス環境

28. 「こうなります!」というビジョンをかたちにして共有している

ドリームマップの講師を招いて社内研修を実施して以来、会社や部門のビジョンをイメージで共有する取り組みを継続しています。なりたい姿のイメージをもち、それをみんなに宣言することで、目標の実現が早まることを実感しています。

  • 主体的で積極的な起業家精神を育む
  • 会社やチームの理念を共有することができる
  • 目標が常に目に入るようにすることで、軸をもって行動できる

29. すぐにメモ!イメージを共有するための「ホワイトボード」が社内のあちこちにある

ミーティングルーム、セミナールームはもちろん、社内には大小さまざまなホワイトボードが設置されています。テクノロジーはあくまでツールです。それをいかに世の中やビジネスの価値に変換することができるか。そうした考え方やスキルが重要です。ホワイトボードは議論をより深め、心を揺さぶるようなサービス設計に役立ちます。

  • 社内に設置されたホワイトボードを使って気軽にブレストできる
  • チームのタスクをホワイトボードで見える化
  • 社員から広くアイデアを募集したいときの掲示板としても効果的◎
30. 社内の蔵書は書籍管理サービス「リブライズ」で共有している

経営、IT、自己啓発など、ビジネスに役立つ書籍が収められた「サンロフト文庫」には、約800冊の書籍があります。当初は蔵書一覧のスプレッドシートと貸出記録表で管理していましたが、2019年3月から書籍管理サービス「リブライズ」を導入。スマホで蔵書を確認できるようになり、貸出管理・蔵書検索もスマートになりました。

  • 管理者・利用者双方の利便性向上
  • 社員のスキルアップとモチベーションの向上
  • 社員同士の知識の共有を促進
31. 社員主催の自主勉強会が頻繁に開催されている

社外のデザイナーやプログラマーを招いた社員のスキルアップのための勉強会が定期的に行われています。2019年10月には、「新技術の習得」「技術・品質向上の面での横のつながり強化・情報共有」「開発職としての好奇心の向上・アウトプット」を目的とした開発本部技術成果発表会を開催。インプットとアウトプットを促す場づくりを行っています。

  • 社員のスキルアップとモチベーションの向上
  • 社外パートナーとの交流・知識の共有
  • 創造力を高める機会・体験の創出
32. 部門の隔たりのない「ワンフロア」を採用している

メインフロアは「ZONE3」と呼ばれ、SE・プログラマー、Webデザイナー、営業・マーケティング職、総務・経理職など、各職種、各部門の社員が仕切りのないワンフロアで働いています。同じ空間で、Webサイト制作、システム開発の両方の事業に取り組み、かつサポートや教育もひとつの空間で行っているため、例えば、Webサイト制作を依頼されたお客様が「パソコンのネットワークの設定について聞きたい」というときなどに、社内で詳しい人に協力を仰いだりと、お客様からの様々な要望に迅速に応えられる環境が整っています。

  • 事業部を越えた協力体制ができている
  • 相談しやすい
  • 新入社員も多くの社員と話す機会が生まれる
33. 「フリーアドレス」が導入されている

社員が固定のデスクを持たず、オープンスペースの席を業務に応じて自由に使う「フリーアドレス」。現在は主に企画営業やデザインを専門とする社員たちを対象に導入していますが、ゆくゆくは全席フリーアドレス化を目指しています。

  • 自由でクリエイティブな仕事環境につながる
  • 社員同士のコミュニケーションを促進する
  • 動きのあるオフィスにより、風通し効果も◎
34. 社内に2つの「カフェ」がある

サンロフトには「Cafe UMI」と「Cafe YAMA」というカフェ風の空間があります。ランチや休憩以外にも、アイデアやひらめきが欲しい時に、デスクと違った雰囲気で仕事をしたり、打ち合せとして活用したりと人気のスペースです。また、新たなイノベーションを生み出すためのプロジェクトやアイデア出しの際には、会議室を使わずにオープンなミーティングスペースとして活用することも。

  • 自由でクリエイティブな仕事環境
  • オープンなミーティング
  • 社員同士のコミュニケーションの促進
35. 社内に「和室」がある

オフィスには珍しい、畳・座布団・掘りごたつのある和室で、脚を伸ばしてゆったりとくつろいだ気持ちで発想力を高めることができます。新卒採用での面談や社員の1on1ミーティングなど、じっくり対話しながらもリラックスしてほしいときに使うことも。また、家庭の事情で子どもを預かる時や、社員が気分が悪くなった時のために、横になれる空間としても使われています。

  • 自由でクリエイティブな仕事環境
  • リラックスできる仕事環境
36. 社内に打ち合わせやミーティングができる空間が多数ある

1階にある会議室は、「ZONE2」と呼ばれており、お客様対応や社内での打ち合わせに利用しています。普段は3つにスペースを区切って比較的少人数の会議に使っていますが、用途に合わせてレイアウトを変更し、30名規模のセミナーや研修を開催することも。2階にある「商談室」には、大画面モニターと壁面にホワイトボードを完備。提携先のベトナム企業とのビデオ会議を頻繫に行っている場所です。

  • 少人数の会議を短時間で
  • コミュニケーションのタイプに合わせてスペースを選べる

 

サンロフトの働き方を知る、オフィス見学ツアーを開催!!
「サンロフトのオフィスを見学してみたい」
「どのような働き方をしているのか直接聞いてみたい」
「ICT活用について情報交換・相談したい」

ICTを活用した働き方をサンロフトとともに、実践しませんか?
サンロフトでは、企業・法人のみなさまを対象にオフィス見学を随時受け付けております。サンロフトの働き方や求人に興味のある求職者のみなさまは、新卒採用サイトまたはキャリア採用サイトからお問い合わせください。
まずはお気軽にご相談ください。