自社の働き方改革実践事例を公開
~ICT活用を核として制度や環境も整備~

ICT活用による中小企業や保育施設の経営支援を展開する株式会社サンロフト(静岡県焼津市、代表取締役社長:松田敏孝)は、2020年1月23日、自社の働き方改革の取り組みを公式サイトにて「サンロフト流!働き方改革36の実践」と題して公開しました。

この働き方改革の実践事例は、全社員ミーティングのワークショップで収集した意見に基づいており、「ICT活用」「制度・ルール」「オフィス環境」の3つの側面から、社名にちなみ36項目にまとめました。

特に、社員が働きやすさを実感するのは、全社的に導入しているICTツールの活用関連が多く、仕事に必要な情報の共有と活用のしくみが、各自の働き方を柔軟にすることがわかりました。また、スキルアップやキャリアアップにつながる学びやコミュニケーション、他者の仕事観や目標、成果、想いなどに触れる機会が増えると、自己成長だけにとらわれず、多様な人材や働き方を受け入れる風土づくりにつながるという気づきもありました。

サンロフトは、ITを活用したクラウドワークスタイルで効率化をはかりながら、オフラインコミュニケーションも大事に考え、社員の多様な働き方を推進してきました。経営理念「テクノロジーを親しみやすく」に基づく実践が、今後も中小企業の働き方改革の推進につながることを目指しています。

静岡のIT企業が取り組む
「サンロフト流! 働き方改革36の実践

プレスリリースに関する問い合わせ先

株式会社サンロフト 広報・マーケティング室 https://www.sunloft.co.jp/
〒425-0074 静岡県焼津市柳新屋436-1 TEL:054-626-3366 FAX:054-626-3371

関連資料

 

トップに固定(ニュースリリース)プレスリリース
このエントリーをはてなブックマークに追加