【サンロフトより注意喚起】 メール添付ファイルを開くときは細心の注意を!

2月に入り、Emotet(エモテット)と呼ばれるウイルスへの感染を狙う攻撃メールが、過去に例を見ないほどの勢いで広まっております。

Emotetの攻撃メールは、ビジネスメールへの返信を装う手口が多く、知り合いや取引先など、実在する方の氏名、メールアドレス、メール本文の一部が流用されるケースが多く見受けられます。弊社でもここ数日のうちに4件ほど、このEmotetと思われるメールを社員が受信しており、警戒を強めております。

知り合いや取引先からのメールに見えても、内容がおかしいと思った場合には、不用意に添付ファイルを開かないようにしましょう(相手にメールを送信したか確認することをお勧めします)。

あいさつ文、添付ファイル、解凍パスワード、フッターだけのメールは、攻撃を狙ったメールと見て、ほぼ間違いありません。危険ですので、「即削除」しましょう。

もしも感染が疑われる場合には、一刻も早く該当PCをインターネットから遮断して、駆除等の対応が必要です。
弊社には情報セキュリティ専門担当がおりますので、ご不明な点やお困りの際は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ先

株式会社サンロフト モバイル・セキュリティ営業部
担当:藁科(わらしな)
〒425-0074 静岡県焼津市柳新屋436-1
TEL:054-626-3366

関連記事

「Emotet(エモテット)」と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメールについて(情報処理推進機構「IPA」)

マルウェア「Emotet」とは メール文面を転用 2月から感染相次ぐ(ツギノジダイ)

サンロフトセキュリティトピックス「攻撃メールで「Emotet」感染」

トップに固定(ニュースリリース)トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加