新型コロナ対策「リモート対応型ビジネスモデル転換」セミナー

このイベント・セミナーは
終了しています。

今すぐWithコロナ時代のビジネスモデルに舵を切る!

新型コロナウイルスの対策として、多くの企業がテレワークを導入しています。ワークスタイルが多様化していく一方で、「どのように業務の効率化や人時生産性の向上すればいい?」「今までのリアルな訪問営業からオンライン商談で受注まで持っていくためには?」「そもそもどのようにリモートで働けばよいのかわからない」など、今までのビジネスモデルをリモート型に転換することに課題を感じている企業の皆さまもいらっしゃいます。このウェビナーでは、今すぐ取り組むべき課題について整理し、新型コロナウイルスに打ち勝っていくためのポイントを説明。皆さま、この緊急事態を一緒に乗り越えていきましょう。

こんな要望・お悩みを抱えている方にオススメ

  • 新型コロナの影響が長引く中で、今までのビジネスモデルではまずいと思っている
  • リモート型・オンライン型のビジネスモデルに転換したい
  • 自社の業態でどのようにリモート対応していいのかわからない
  • 何から手をつけていいのか、優先順位がわからない
  • これを機会に時代に合ったビジネスモデルに変えたい

本セミナーで学べるポイント

  1. リモートワークができるようになる
  2. 訪問できなくても営業活動が継続できる
  3. 一人当たり生産性を高めることができる
  4. 自由度の高い働き方ができるようになる
  5. データに基づく経営ができるようになる

お申し込みはこちら

講座内容

<第1部> リモート対応型ビジネスモデルに転換する方法

株式会社船井総合研究所
デジタルイノベーションラボ マネージング・ディレクター
斉藤 芳宜氏

・Withコロナ時代に起こること
・カギを握るのは「デジタル化の設計図」
・リモート対応型ビジネスモデル転換のステップ

<講師紹介>

1993年神戸大学経営学部卒業後、大手通信会社に入社。IT関連の新規事業立ち上げのチームリーダーを経て、2004年に船井総研に入社。2005年にIT業界向けコンサルティング部隊を立ち上げ、1年8ヶ月という異例の速さでチームリーダーに就任。現在、テクノロジーを活用して中小企業に変革をもたらすデジタルイノベーション部隊の部長をつとめる。著書に、「負けない会社の作り方」(ビジネス社)、「セミナー営業の上手なやり方」(同文舘出版)がある。中小企業診断士。

<第2部>サンロフトが実践したテレワーク活用術

株式会社サンロフト
クラウド事業部 事業部長
望月翔太

株式会社サンロフトが、2カ月テレワークを行う中で実践した取り組みやツールを、中小企業でどのように活用できるのか、業務別に紹介いたします。

 

 

  1. インフラ(端末、VPN、セキュリティ対策)
  2. グループウェア:GSuite
  3. Web会議:zoom
  4. 実績報告日報システム(nanoty)
  5. 勤怠管理:OBC勤怠

セミナー概要

名称 「リモート対応型ビジネスモデル転換」セミナー
日時 2020年6月17日(水)16:30~17:30
会場

Zoomウェビナー
お申し込みいただいたのち、視聴に必要な配信URLをお送りいたします。

参加費 無料
定員 先着100名(申込順) ※定員になり次第締め切り

お申し込みはこちら

お問い合わせ

株式会社サンロフト (電話:054-626-3366)

お問い合わせ

 

「ウェビナーに初めて参加する」という方へ

1.申し込み

まずは、ウェビナーの登録フォームで必須事項を入力します。

申し込みが完了すると、左の図のようなメールが届きます。
当日は「ここをクリックして参加」を押すと、
Zoomが起動し、ウェビナー視聴が始まります。

※お使いのデバイスでZoomを使用したことがない場合は、
ダウンロードが始まります。

 

 

2.ウェビナー中のアクション

ウェビナーの主催者とのやりとりは、「手を挙げる」やコメント、Q&Aをつかって行います。

「チャット」は、コメントの送り先を「すべてのパネリスト」または「すべてのパネリストおよび出席者」から選ぶことができます。

「Q&A」は主催者側に質問ができます。

「手を挙げる」を押すとホストまたはパネリストに、参加者が手を挙げたことが通知されます。質問したいときに主催者側に気づいてもらいやすくなります。

3.ウェビナー終了後

Zoomが終了すると、左のような画面が出てきます。

本日のセミナーがどうだったか、ぜひご感想・ご意見いただけますと幸いです。

 

トップに固定(イベントセミナー)企業向け終了
このエントリーをはてなブックマークに追加