経営ノート


予算必達の重要経営指標(KPI)をいつでもどこでもフォロー

「経営ノート」は、PCAなどの基幹業務システムと連携し、現在の売上実績や通期での売上見込など、重要業績指標(KPI)の管理を簡単に行うことができるシステムです。基幹業務システムで管理されている経営データが、1クリックで「経営ノート」上で見やすいグラフに変換されます。さらに、外出先でも業績指標の前年対比をチェックしながら現場担当者へアドバイスでき、業績を上げるためのスピーディーなフォローが可能です。リアルタイムなデータをいつでも確認することができるため、適切なタイミングで業績を見直し、管理することができます。

こんなことにお困りのお客様におすすめ
  • 複数の営業を抱えているが、予算・実績の情報把握が遅い
  • もっと早く状況確認し、経営判断を行いたい
  • 重要経営指標(KPI)の前年対比、予算実績対比を週単位で見られない
  • 会議で状況報告に時間が費やされ、次なるアクションに議論する時間が足りない
  • 月次会議の開催日程が遅く、報告資料の情報が陳腐化してしまっている
  • 経営者様の出張が多いせいで時間をとれず、部下へのフォローが遅れてしまう
  • 営業メンバーの目標達成状況が月に一度しか見れない
  • 次なる手をもっと早く打ちたい

経営ノートの活用効果

「経営ノート」を活用すると、年次・月次・週次・日次レベルで最新の業績を簡単に把握することができます。最新の売上状況や指標を確認することによって、経営者が数字を意識した経営管理を行うことができます。管理職や現場担当者への適切・的確なフォローを通して業績アップにつながる体制が整います。

経営ノートの特徴

特徴1 リアルタイムな業績の確認&経営管理

月次、週次、日次など様々な期間で、最新の売上状況を確認することができます。「経営ノート」にアクセスしてすぐに最新の情報を確認することで、素早い対策が行えます。「今」の業績に対して「今」やるべき対策を検討できる、経営を見直すシステムです。

特徴2 会議資料の作成よりも議論の時間を確保

確認したい期間と業績指標を設定し、お使いの基幹業務システムからボタン1つで業績状況の一覧とグラフが出力されます。データは会議資料にも転載可能。会議資料の作成よりも、その資料を活用した次なるアクションを打つための議論に時間をかけませんか?

特徴3 バリエーション豊かなグラフで業績確認

棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフなど、利用できるグラフは全部で9種類。棒グラフでは、「集合」「積み上げなし」「積み上げ」「100%積み上げ」と表示方法を変えながら確認できます。業績状況を視覚化して、問題点を浮き上がらせることに効果的です。

特徴4 現場担当者への迅速・こまめなサポート

スマートフォンやタブレットなど、マルチデバイス対応をしており、外出先や移動中でも、モバイル端末からコメントできます。コメントが更新されるとメールで通知されるため、経営者による迅速でこまめなサポートが確実に現場担当者に伝わります。

特徴5 御社に合わせて個別対応

確認する業績指標など、御社独自の確認項目を御社の経営計画に合わせて自由に追加することができます(別途料金)。オリジナルで使いやすいシステムにカスタマイズし、よりスムーズな経営計画の検討と活用頻度のアップが期待できます。

システムの拡張性

基幹システムとの連携以外にも、顧客管理、営業支援、商談管理などのシステムと連携するカスタマイズをしていくことも可能です。それらを含めた「トータルシステム」を構築することで、社内のすべてのデータが密に連携した社内システムが完成します。

他製品との比較

「経営ノート」は、ボタン1つで経営に必要な分析データを出力することができる上、比較的ハードルの低い価格になっています。メーカーにとらわれない基幹システムとの連携も柔軟に対応。複数の基幹業務システムに対応して、分析データを抽出することができます。多くのお客様の業務環境に合わせ、長く利用していただける商品を目指しています。

利用料

※1 「経営ノート」は株式会社サイボウズが提供するWebデータベース「kintone」を使用しています。上記月額料金は、「kintone」の「スタンダードコース」の契約料金を含んでいるため、「kintone」の契約料金変更の際には、上記掲載額から変更となる場合がございます。
※2 ご契約は5ユーザー単位で、年間契約となります。

セミナー開催

「経営ノート」をご紹介するセミナーを、7月3日(木)13:30~17:00、静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ静岡」にて「ITの5大トレンドを把握し、売上向上&利益創出を実現する方法公開セミナー」を開催します。今知っておきたい経営につながるITの5大トレンドと、売上をアップし、利益を生み出すために必要とされるこれからの業務体制とそれを実現する具体的なツールをご紹介します。


セミナーは終了しました。
ご参加くださった皆さまありがとうございました。

関連キーワード